Liferay Experience Cloudで正式サービスを開始する

Liferay Experience Cloudをご利用のお客様がエンドユーザーにサイトを公開する前に行わなければならない重要な手順がいくつかあります。本ページでは、Go-Liveを成功させるために必要なステップと必要な設定について説明します。

必要な準備

Go-Liveのプロセスを開始するために、本番サイトを公開する8日前までにLiferayサポートのチケットを作成し、以下の情報をご記載ください。

  • 予定されているGo-Live日
  • カスタムSSL証明書を使用するかどうか
    • 使用する場合、証明書をご提示ください。
  • カスタムドメインを使用するかどうか
    • 使用する場合、ドメインをご教示ください。
    • そして、プロバイダーでDNSレコードを作成します。(作成するDNSレコードの種類は下記をご参照ください)

Go-Liveのステップ

ドメインを他のサイトから移管する場合、これらの手順は本稼働時に行う必要があります。 特にLiferayのSSL証明書がサイトで使用される場合は、ドメインの移管に多少のダウンタイムが発生することをご計画ください。 これが全く新しいサイトである場合、これらの手順は前もって行うことができます。

  • DXPに新規ドメインを追加する
  • DNSレコードをクラウドドメインを指すように変更する

DNSレコードの作成

  • Liferayでは、プロジェクトに関連するドメイン(<your4digitcode>.lxc.liferay.com)に対して CNAMEレコードを作成する必要があります。このドメインに先行するコードは、まだ利用可能でない場合、Liferayサポートのチケットにて提供できます。

    • 一部のDNSプロバイダーは、ベースとなるドメイン名に対してCNAMEレコードを提供していない場合がありますので、ご注意ください。この場合、お客様はALIASレコードの使用をお試しいただく必要があります。これが不可能な場合は、チケット上でLiferayサポートまでお知らせください。

 

カスタムSSL証明書

カスタムSSL証明書を使用する場合は、次の点をご考慮ください。

  • SSL証明書には、中間証明書も含まれている必要があります。

  • 証明書の有効期限が切れる前に、中断を避けるために、最後に予定されているメンテナンスウィンドウより前の日付の新しい証明書をLiferayにご提供ください。

  • お客様がSSL証明書をLiferayと共有したい場合、通常のチケットでのファイル添付ではなく、Large File Uploaderを使用する必要があります。 また、パスワードで保護された.zipファイルを使用してアップロードし、さらにパスワードを別のチャネルで共有することを推奨します。

ドメインの移管とTTL

ドメインを移管する際、DNSキャッシュが切替に悪影響を及ぼすことがあります。 これを避けるために、本稼働の数日前にTTL(Time To Live)を数分に短縮してください。 これはGo-Live後に元の値に戻すことができます。

追加情報

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています