Liferay DXP 製品の提供方法

四半期ごとのリリース

Liferay DXPのリリースは四半期ごとに行われ、四半期リリースと呼ばれます。これらのリリースには製品のメンテナンス、機能強化、新機能が含まれます。各四半期リリースは新しいマイナーバージョンとして扱われ、1年間維持されます。最新の製品メンテナンスと機能強化を受けるため、または新しくリリースされた機能にオプトインするために、四半期ごとのリリースを定期的にインストールする必要があります。

  • 製品のメンテナンス:コードの変更が必要な製品の欠陥とセキュリティの脆弱性を解決します。

  • 製品の機能強化:品質や価値を向上させる製品への変更。中断を伴わない、またはユーザーの動作を変更する必要のない、ルック&フィールの変更など小規模の改善です。

  • 新機能:品質または価値を向上させる製品への変更。顧客環境を破壊する可能性があるもの、ユーザーの動作の修正を必要とするもの、または特定のガイドラインを必要とするもの。これらの新機能は、オプトインを可能にするリリース機能フラグを使用してリリースされます。新機能は、最低1回のリリースでリリース機能フラグが付きます。その後の四半期ごとのリリースごとに、機能フラグが削除されるかどうかが評価されます。リリース機能フラグが削除されると、以前にリリースされた新機能がすぐに利用できるようになります。ベータ版および開発版の機能は、一般提供の準備が整うまで、機能フラグが付いたままとなります。

Liferay DXPの最初の四半期ごとのリリースは、Liferay DXPの四半期ごとのリリース2023.Q3 でした。

パッチリリース

四半期ごとのリリースが発行されると、四半期ごとのリリースブランチから通常のパッチ リリースが定期的に作成されます。パッチリリースは、製品の欠陥とセキュリティの脆弱性に対する解決策のみを含むメンテナンスリリースです。パッチリリースには、アクセシビリティや外観の問題などの製品の欠陥を解決するために、小さな製品機能強化が含まれる場合があります。セキュリティ問題を解決するために必要な変更でない限り、パッチリリースには、新機能や破壊的な変更、重大な変更、または機能フラグの状態の変更が含まれていてはなりません。

各パッチリリースは新しいパッチバージョンとして扱われ、四半期ごとのリリースのリリース日から 1 年間維持されます。

隔週のアップデート

Liferayは、四半期ごとのリリースの間に、Dockerイメージやバンドルされたアップデートの形式で定期的にアップデートを提供します。これらのアップデートは、今後の機能強化、新規開発、または製品メンテナンスのプレビューを希望する顧客およびコミュニティメンバーが使用できるようにする、最新のメンテナンス、開発、および機能拡張のスナップショットです。これらのアップデートは本番環境での使用は推奨されていません。製品ガイダンスと欠陥の解決は、四半期ごとのリリースに対してのみ提供されます。

Liferayバンドル

Liferayは、アップデートと修正を含む製品全体を含む完全なバンドルリリースを行います。Liferayは個別の累積メンテナンスパッチをリリースしません。Liferayアップデートのバンドル版を提供することで、Tomcatの最新かつ最も安全なバージョンを提供し、リスクを軽減できます。

また、バンドルリリースには個別のアーティファクトが付属しており、事前にパッケージ化されたTomcatバンドルを使用していないお客様でも、Liferay DXPのそのバージョンと互換性のあるアプリケーション サーバーにLiferay DXPを導入できます。累積メンテナンスパッチはリリースされないため、Liferay DXPをアップデートするにはフルデプロイが必要です。

最後に、バンドルリリースには、更新されたDockerイメージが付属します。Liferayの Dockerイメージのバージョン管理、コンテンツ、サポートの詳細については、Liferay Dockerイメージ をご参照ください。

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています