ドキュメント・ライブラリのダウンロード/抽出の問題によるバックアップの復元失敗

バックアップ・リストア・プロセスが 特定のポイントでスタックしている。 我々は、この修正の一環として行った変更を活用することを推奨する。 パフォーマンスに若干の影響があるかもしれませんが、これはリストアプロセスが確実に動作するためのトレードオフです。

エラー

  • エラー1 - doclib部分でリストアプロセスがハングする
  • エラー 2 -[ERROR] エラー:要求トークン数 640 がバケットサイズ X を超えています。

考えられる根本原因

  • エラー1 - doclibが大きい場合、tarプロセスで必要なフォルダを展開できないことがあります。
  • エラー2 - ユーザーが結果(期待値)ではなく、env varに演算を挿入した場合に起こりやすい。

解像度

バックアップ・サービス・イメージ>= 5.8.0(利用可能な最新のサービス・イメージを推奨)を使用して、ドキュメント・ライブラリのダウンロードと抽出の戦略を切り替え、抽出速度を手動で制限します。 これは、このドキュメントのリリース・ノートに従ってbackup/LCP.jsonファイルに記述することで可能です:

  • "イメージ":"liferaycloud/backup:5.17.1"(またはそれ以上)
  • "LCP_BACKUP_RESTORE_DL_DOWNLOAD_AND_EXTRACT_STRATEGY": "download-then-extract¨"
  • "LCP_BACKUP_RESTORE_DL_DOWNLOAD_THROTTLE_BYTES_PER_SECOND": "41943040"
    • これは、ダウンロードが制限されるメガバイト単位の値です。

追加情報

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています