非推奨

Liferayは、製品の提供を継続的に改善するために、プラットフォームの機能や機能を非推奨とすることがあります。使用されていない機能や最新ではない機能サポートを中止することで、新しい機能の開発に必要なサポート費用や機会費用を利用できます。特定問題の解決に、他に優れた方法が存在する場合、機能が更新されます。

Liferayによって作成され、リリースされたAPI、モジュール、機能、製品、アプリケーションは非推奨となる場合があります。

モジュール、アプリケーション、または製品が非推奨とされている場合は、最終バージョンとしてリリースされます。

APIが非推奨となった場合は、そのバージョンのソフトウェアの改訂変更文書、オフィシャルドキュメント、またはjavadocで非推奨が記載されます。メジャーおよびマイナーリリースではAPIの非推奨予定がある可能性があります。

Liferayのメジャーリリースとマイナーリリース間に非推奨となります。連続するLiferayリリースの1桁目または2桁目の変更は、それぞれメジャーリリースまたはマイナーリリースを示します。たとえば、5.2.0以降のLiferay Portal 6.0.0のリリースはメジャーリリースです。6.1.30以降の6.2.0のリリースはマイナーリリースです。

メンテナンスリリース間では非推奨となりません。メンテナンスリリースは、リリース番号の3桁目の変更によって示されます。たとえば、6.1.20の後のLiferay Portal 6.1.30のリリースはメンテナンスリリースだったため、非推奨はありません。

通常、1つのバージョンで非推奨とマークされたアイテムは残りますが、将来のバージョンでは削除されます。製品が意図したとおりに機能し、より安全な製品を作成するためには、製品チームの裁量により、同じバージョン内のアイテムは非推奨とされ、削除される可能性があります。

非推奨とされたアイテムに関して、Liferayサポートサービスは以下を提供します:

  1. 製品チームによって識別されている場合は代替ソリューションへのガイダンス。
  2. 代替ソリューションを特定するために、製品チームとのやりとりを促進します。
  3. 非推奨アイテム内の意図しない動作の根本原因を特定する。

Liferayは非推奨とされたアイテム内の意図しない動作を、そのアイテムが廃止されたバージョンおよび将来のバージョンにおいて、ケースバイケースで解決します。以前のバージョンでは、非推奨アイテムは製品のサービス期間に応じてサポートを受けます。

Breaking Changes

Java Docs

非推奨または削除されたアイテム

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています