相互運用可能な技術

相互運用可能な技術とは、Liferayソフトウェアと直接作用しない、お客様のITエコシステム内の技術を指します。これら多くの技術はLiferayソフトウェアとの互換性が検証されていないため、Liferayソフトウェアとの利用は保証されません(例: 互換性マトリクス)。しかし、同技術はLiferayソフトウェアの機能性に支障を来すことなく、ITエコシステムと共存可能です。

Liferayサポートサービスは、相互運用可能な技術のインストール、デプロイメント及び設定に関してサポートしません。

相互運用可能技術に関するポリシー

仮想化テクノロジ

Liferayソフトウェアと仮想化テクノロジ又はコンテナプラットフォーム(例:Docker)の使用に関するテスト及び認定を行いません。なお、仮想化テクノロジはクラウドベースのインフラストラクチャを含むものではなく、異なるものです。

お客様は、仮想化マシン(VM)、コンテナ、クラウドベースのインフラストラクチャにLiferayソフトウェアをデプロイしている場合も、サポートサービスを受けることができます。ただし、互換性マトリクス記載のアプリケーションサーバー、データベース、JDK、オペレーティングシステムが利用されている場合に限ります。

なお、仮想化テクノロジ及び環境のセットアップや設定はお客様の責任となります。

Docker

LiferayはLiferay DXPの公式Dockerイメージを提供しますが、Liferayはこれらのイメージで使用する製品のテストまたは認証を行いません。

これらの画像に関する事象は、サブスクリプションサービスチャネルを通じて報告できます。報告された問題には重大度が割り当てられず、これらの画像はエンタープライズサブスクリプションの一部として扱われないため、サービスレベル契約の対象にはなりません。詳細ドキュメントはこちらから入手できます。

イメージ自体の問題が報告される場合がありますが、liferay-dockerリポジトリスクリプトを使用してLiferay Dockerイメージの構築を支援は、Liferayサポートサービスの対象になりません。 Liferay以外が作成したDockerイメージについては、仮想化テクノロジーポリシーをご覧ください

ストレージテクノロジ

Liferayソフトウェアとストレージテクノロジの使用に関するテスト及び認定は原則行いません。ただし、Liferay DXP及びLiferay Portal EEには、Amazon S3 バケットのインテグレーションポイントが内臓されています。同インテグレーションポイントは互換性マトリクスに記載があり、互換性が保証されています。

その他のストレージテクノロジ(例:NAS、SAN、NTFS、ext2やNFS)との互換性は認定されていませんが、変わらずサポートサービスを受けることができます。ただし、互換性マトリクス記載のアプリケーションサーバー、データベース、JDK及びオペレーティングシステムを利用している場合に限ります。

ネットワークテクノロジ

お客様は、Liferayソフトウェアとネットワークテクノロジをご利用の場合も、サポートサービスを受けることができます。ただし、互換性マトリクス記載のアプリケーションサーバー、データベース、JDK及びオペレーティングシステムを利用している場合に限ります。

クラスタリングサポートポリシーに記載の特定ネットワーク環境内でソフトウェアが稼働するにあたって、Liferay DXP及びLiferay Portal EEのソフトウェアクラスタリングオプションの設定が必要な場合があります。

Liferay DXP

この記事は役に立ちましたか?
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています