Liferay DXPおよびLiferay Portal EE 製品の欠陥

Liferayサポートサービスは、Liferay DXPおよびLiferay Portal EEへのパッチ適用や設定変更の結果発生する、製品の想定外の機能欠陥を修正します。報告された事象はサポートサービス側で、カスタマイズされていない製品のインスタンスクリーンバンドル上で再現される必要があります。報告された一部事象(例:API関連事象)は、固有の事象報告メカニズムで検証され、再現される場合があります。  

ポリシー詳細は以下のセクションを参照してください。

 

機能仕様

製品の意図された機能と矛盾する動作や問題は、製品のパッチ適用や構成の変更によって検証され、解決されます。 公式の管理者ガイド(英語)に記載されています。

Liferay API関連事象

Liferay DXP、またはLiferay Portal EEコード内の事象がお客様の開発を妨げる場合、サポートエンジニアは製品の不具合解決を支援します。事象報告の際には、該当APIの詳細情報をお伝えください。例えば期待される動作と実際の動作、状況を表す簡易なアプリケーション(Liferay APIのコールに必要な最低限のコードで構成されたアプリケーション)又はスクリプトをご提出ください。

Liferayサポートは、本来の機能性に基づいて事象解決を支援します。意図されていない利用目的については、お客様のカスタマイズ方法を変更する必要が生じる場合があります。

機能仕様がAPI関連事象として報告された場合、ライフレイサポートは既存のLiferay DXPまたはLiferay Portal EEコードと併せて、関連資料や簡易な例を用いて機能性を説明します。API関連事象は、Liferay公式管理ガイドに加え、JavadocとJSON Webサービス項目にも機能仕様が指定、定義、明記されています。詳細はLiferay APIのナレッジベース記事を参照してください。 コード開発およびアーキテクチャアシスタンスのポリシーに従いながら、Liferay API関連事象の解決を支援します。

開発におけるカスタマイズに関するサポートについては、営業担当者へお問い合わせください。

 

事象の再現と解決策

事象が報告されると、「検証中」ワークフローに沿って調査されます。Liferayサポートは同ワークフローで事象を調査し、再現と解決に取り組みます。Liferayはまず、報告された事象をカスタマイズされていない製品の純正バージョンで再現する必要があります。事象の原因がカスタマイゼーション(カスタムコード、APIなど)、インフラストラクチャ(ハードウエア、環境設定など)およびサードパーティ製品(検索エンジンやツール、アプリケーションサーバーなど)にある場合、解決はお客様の責任となります。Liferayサポートが再現できない事象は「検証中」ワークフローにとどまり、ケースバイケースで解決します。サポートサービス範囲外の事象も「検証中」ワークフローにとどまり、ケースバイケースで解決します。営業担当者がサポートサービス範囲外の事象に関して支援します。

Liferayは、カスタマイズがされていないバージョンにおける、再現可能かつ予期せぬ製品欠陥は、製品のサービスライフポリシーに準じ、パッチ又は設定の変更を行い解決します。パッチは製品のコードを変更します。Liferayサポートはパッチファイルとともにコード変更に関する資料を提供します。提供されたパッチが事象解決につながったか、お客様からLiferayサポートチームに適時結果を報告してください。なお、パッチのインストール前に必ずシステム(例:コード、ファイル、データベース等)をバックアップしてください。まずパッチを検証環境にインストールし、パッチとカスタマイズされたコードとが干渉しないことを確認してください。製品欠陥の解決策による、カスタマイズされたコード起因の問題はサポートできかねますので、ご了承ください。

 

ローリングリスタートメンテナンス(英語)

With a desire to increase uptime and availability many customers implement rolling restarts. Rolling restarts allows customers to have near 100% uptime despite server maintenance by selectively shutting down one JVM instance within a cluster, performing the necessary maintenance on that instance, and then restarting that instance to join the cluster again. This process is repeated until all the nodes in a cluster have been updated.

Defining Support

  1. Liferay seeks to ensure that Liferay DXP is compatible with the industry accepted practice of rolling restarts to modify portal properties, install and uninstall fix packs, install new plugins or modules, update existing plugins and modules, and update the minor java version given that these functions meet the rolling restart requirements.
  2. Liferay seeks to ensure that Liferay DXP is compatible with the industry accepted practice of rolling restarts to the extent that the product is minimally functional and able to respond to limited requests during the defined maintenance window. Minimal functionality is defined by Liferay product engineers on a case-by-case basis.
  3. Liferay recommends mitigating the risks of production updates through the rolling restart technique as opposed to hot deployment. However, the feasibility and implementation of the rolling restart technique within a specific environment would be the responsibility of the customer.
  4. Liferay Support will offer guidance in determining if a Liferay product update meets the rolling restart requirements.
  5. Successfully performing the rolling restart technique involves the interoperability of multiple third-party technologies. Configuring the third-party technology necessary to perform a rolling restart within a cluster would be the responsibility of the customer.

Rolling Restart Requirements

Any maintenance function performed while utilizing the rolling restart technique must meet the below requirements to be tested as compatible with Liferay DXP.

Fix Pack Installation

Fix pack installation utilizing a rolling restart technique is assured as compatible with Liferay DXP as long as the new fix pack is revertible and there are no non-revertible fix packs in between the currently installed fix pack and the desired fix pack. Fix packs which are or will be included in a service pack contain non-revertible database changes. These fix packs will be identified as non-revertible on the Customer Portal and have Important Changes documentation with them or have been documented in the Rolling Restart - Breaking Changes knowledge base article.

Typically, non-revertible fix packs end with a zero. Not all service packs contain non-revertible fix packs, but many do.

New Plugins or Modules

The deployment of new plugins or modules utilizing the rolling restart technique is assured as compatible with Liferay DXP as long as the plugins or modules do not delete or rename any columns from the database or modify the data in a way that breaks compatibility with existing versions. Any updates which delete tables or break compatibility should be performed while all nodes in a cluster are shut down.

Updating Plugins or Modules

Updating already deployed plugins or modules utilizing the rolling restart technique is assured as compatible with Liferay DXP as long as the plugins or modules do not delete or rename any columns from the database or modify the data in a way that breaks compatibility with the previous version. Any updates which delete tables or break compatibility should be performed while all nodes in a cluster are shut down.

Development techniques exist (e.g., blue-green deployment) which can accommodate database schema changes while utilizing the rolling restart technique. Liferay products will not utilize these development techniques as the technique requires minor changes over time applied specific order and Liferay can not guarantee that product releases will be applied in the proper order.

Blue-green deployment can take place in custom development without impacting the functionality of Liferay Software. Please consult with an Account Executive or Customer Experience Manager to explore options related development assistance.

Java Version Updates

Updating a Java JDK installation utilizing the rolling restart technique is assured as compatible with Liferay DXP given that the version increment is limited to a minor version. Updating the major version of the Java JDK installation utilized by Liferay DXP is not assured as compatible with the rolling restart technique and should be performed while all nodes in a cluster are shut down.

 

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています