DXP 7.0のデータベースシャーディングでよくあるエラー

この記事では、シャード型データベースを設定する際の問題点を文書化し、問題を解決したり、完全に回避したりするための手順を示しています。

決議

エラー: ユーザーはLiferay DXP 7.0でシャードデータベース上に特別にコンテンツを作成することができません。

まとめ: portal-ext.properties のデータベースシャーディング設定はLiferay DXP 7.0では適用されません。 データベースシャーディングにより、ユーザーはデータベースを「カット」してスケーラビリティとコンテンツの管理を向上させることができます。 ユーザーは、対応するセグメントにコンテンツを格納するように設定することができます。

一般的な原因

  1. データベースのシャーディングはDXPでは非推奨となりました。 プロパティ #META-INF/shard-data-source-spring.xml,を削除しました。

推奨される解決策

  1. ユーザー が初めてLiferay DXP 7.0を採用し、アップグレードもしていない状態で を使用しているが、データベースをシャードすることを希望している場合、上記の原因でそれができなくなります。 スケーラブルなデータベース管理のための他のオプションを検討してください。
  2. レガシーバージョンからのアップグレードの場合、 portal-ext.properties の設定が適用されず、エラーが発生する可能性があります。

予防のヒント

  1. Liferay DXP 7.0にアップグレードする前に、すべてのデータをバックアップすることを検討してください。 システムのアップグレード処理が完了したら、データが失われていないことを確認します。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています