DXP 7.0のデータベースシャーディングの一般的なエラー

この記事では、シャーディングされたデータベースの設定に関する問題について説明し、問題を解決するか完全に回避するための手順を示します。

解決

エラー:ユーザーは、Liferay DXP 7.0のシャーディングされたデータベースでコンテンツを作成できません。

要約portal-ext.properties データベースシャーディング設定は、Liferay DXP 7.0では適用されません。データベースシャーディングにより、ユーザーはデータベースを「カット」して、コンテンツのスケーラビリティと管理を向上させることができます。 ユーザーは、対応するセグメントに格納されるようにコンテンツを構成できます。

一般的な原因

  1. データベースシャーディングは、DXPでは非推奨になりました。 プロパティ#META-INF / shard-data-source-spring.xml、\は削除されました。

推奨される解決策

  1. ユーザー が初めてLiferay DXP 7.0を採用していて、事前のアップグレードは行われていません が、データベースをシャーディングしたい場合、上記の理由でそうすることができません。 スケーラブルなデータベース管理の他のオプションを検討してください。
  2. ユーザーがレガシーバージョンからアップグレードする場合、 portal-ext.properties 設定は適用されず、エラーが発生する可能性があります。

予防のヒント

  1. Liferay DXP 7.0にアップグレードする前に、すべてのデータのバックアップを検討してください。 システムがアップグレードプロセスを完了したら、データが失われていないことを確認します。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています