インターネットに接続せずにLiferay Developer Studioを使用する

この記事では、閉じた環境でLiferay Developer Studio 3.0.1 / 3.1を使用する開発者のための一時的な回避策について説明します。 現時点では、Liferay Developer Studio 3.0.1 / 3.1では、インターネットから依存関係をダウンロードする必要があります。 ただし、開発環境で完全なWebアクセスができない開発者にとっては、これが問題になる可能性があります。

解決

  1. ローカルまたはアクセス可能なNEXUSサーバーを準備します。 このサーバーには完全なライブラリが必要です( からhttps://repository.liferay.com/nexus/content/groups/public)。 管理者は、他のリポジトリからクローンを作成することもできます。 この時点ではまだインターネット接続が必要です。
  2. 以下のリンクからp2フォルダーを取得し、ローカルのどこかに配置します。
    1. Developer Studio 3.0.1の場合: https://releases.liferay.com/tools/blade-cli/1.x/
    2. Developer Studio 3.1の場合: https://releases.liferay.com/tools/blade-cli/2.x/
  3. フォルダー ${your_workspace}\ .metadata \ .plugins \ org.eclipse.core.runtime \ .settings し、ファイル com.liferay.ide.project.core.prefs を次のように編集します。
    	BLADE_CLI_REPO_UP2DATE_CHECK=1s
    	BLADE_CLI_REPO_URL=file:///C:/p2
    	
    1. 注1:このファイルがまだ存在しない場合は、このファイルを作成します。
    2. 注2p2 フォルダーが配置されている場所へのパスを変更します。
  4. .gradle zipファイルを取得して、ユーザーのホームフォルダーに解凍します。 Developer Studioチームは、 .gradle ファイルをダウンロードするためのこのリンク を提供しています。
  5. Liferay Developer Studioを起動します。
  6. 新しいLiferayワークスペースプロジェクトウィザード を開いて、Liferayワークスペースを作成します。 エラーが表示されますが、必要なファイルがディスク上に正常に作成されています。
  7. Liferay Workspace プロジェクトフォルダーに移動します。
  8. ファイル settings.gradle を開き、MavenリポジトリのURLを変更します。
    		
    maven {
        url "https://cdn.lfrs.sl/repository.liferay.com/nexus/content/groups/public"
    }
    
    に:
    maven {
        url "{your_nexus_server}/nexus/content/groups/public"
    }
    

    注:Liferayモジュールプロジェクトの場合は、 build.gradle ファイルのURLを変更してください。

  9. Liferayワークスペースプロジェクトインポートウィザード を開き、Liferayワークスペースプロジェクトを再インポートします。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています