Liferay DXPのフィックスパック、ホットフィックスの適用方法

フィックスパック及びホットフィックスをLiferay DXPにデプロイするには、最新版のパッチングツールをダウンロードしてください。パッチングツールの設定方法はパッチングツールの使用をご参照ください。

注: 

Liferay DXP 7.2 GA1またはFix Pack 1からインスタンスをアップデートする場合は、ここに記載されているインストール手順に従ってください。

Liferayが提供するLiferay DXPのDockerイメージを使用する場合は、こちらに記載されているインストール手順に従ってください。

環境

フィックスパック

  • Liferay DXP 7.3 フィックスパック 2以下
  • Liferay DXP 7.2 GA1以上
  • Liferay DXP 7.1 GA1以上
  • Liferay DXP 7.0 GA1以上

ホットフィックス

  • Liferay DXP 全バージョン

詳細

重要: パッチを適用する前に、Liferay DXPのインストールとデータベースを定期的にバックアップすることを推奨します。

  1. アプリケーションサーバを停止します。
  2.  {PATCHING_TOOL_HOME}/patches フォルダにパッチファイルをダウンロードします:
    • フィックスパックをインストールする場合は、フィックスパックを上記のフォルダにダウンロードします。(ファイルを解凍しないでください)
    • ホットフィックスをインストールする場合は、ホットフィックスとそれに関連しているフィックスパックを上記のフォルダにダンロードします。(ファイルを解凍しないでください)
  3. patching-tool info (Windows) または ./patching-tool.sh info (Unix/Linux)のコマンドを実行して、パッチがインストール可能か確認します。
    • patching-tool パッチツールの出力で、Currently not installed; Won't be installedと表示された場合は、次の手順を実行する前に、必要な依存関係を満たしてください。
  4. patching-tool install (Windows) または ./patching-tool.sh install (Unix/Linux) を実行します
    • 新しいパッチをインストールする前に元に戻す必要はありません。 パッチツールは、新しいパッチをインストールする前に、以前にインストールしたフィックスパックを元に戻します。
  5. パッチがインストールされたことを確認するために次のコマンドを実行します。 patching-tool info (Windows) または ./patching-tool info (Unix/Linux)。インストールされたパッチの隣にIが表示されていることを確認します。
  6. DXPの {$LIFERAY_HOME}内のキャッシュフォルダをクリーンアップします。
    1. $LIFERAY_HOME/osgi/state フォルダを削除します。
    2. $LIFERAY_HOME/Work フォルダをにします。
    3. $LIFERAY_HOME/tomcat-version/temp フォルダをにします。
    4. $LIFERAY_HOME/tomcat-version/work フォルダをにします。
  7. アプリケーションサーバーを再度起動します。

ホットフィックスがインストールされていない場合、または以下のドキュメントに記載されていないエラーが発生した場合は、ヘルプセンターのチケットを開いて、patching-tool の完全な出力ログを提供してください。

注: インストールしたフィックスに問題が生じた場合は、アプリケーションサーバのキャッシュにフィックスパック又はホットフィックスの前回インストール時のファイルが残っていないことを確認してください。キャッシュの場所はプラットフォームベンダーの資料を参照してください。

インストール時には、patching-backup-deps.zippatching-backup.zipが作成され、/ROOT/WEB-INF フォルダに格納されます。

この2つのファイルは削除しないでください!

 patching-backup.zipファイルは、Patching Toolが新しいパッチをインストールする前に、以前にインストールされたフィックスパックを元に戻すため、今後のパッチをインストールする際に必要となります。 インストールされたフィックスパックを元に戻すために、Patching Toolは patching-backup.zip の内容を確認し、元に戻す必要のある変更点を判断します。 

注:/WEB-INFフォルダー内の web.xml ファイルは、常にパッチ内のもので上書きされます。 システム管理者が行ったカスタム設定はすべて失われます。 管理者は、アプリケーションサーバーを再起動する前に、カスタム構成を追加し直すことを忘れないでください。

patching-backup.zipファイルを削除しても、Patching Toolによるバンドル内のインストール内容のレポートには影響しませんが、ROOT/WEB-INFからこのファイルを削除することはお勧めできません。なぜなら、このようなことをすると、今後のインストールに失敗するからです。

すでに他のフックやプラグインがインストールされている場合は、先にそれらを削除する必要はありません。 Patching Toolは、まずLiferay製品のコアインフラをアップデートします。 Liferayのプラグインがインストールされている場合は、それらをアップデートするための別のコマンドがあります。 記事をご覧ください。 パッチ適用後にプラグインを更新する

Note: クラスタにパッチを適用する際には、さらに考慮すべき点があります。

Note: CSSやJSの変更をアップデートした環境に反映させるために、ブラウザやサーバーのキャッシュクリアが必要となるがある場合があります。 次の記事をご参照ください。

サーバーのキャッシュをクリアしないと、テーマのJSやCSSの変更が表示されないのはなぜですか?


追加情報

Patching Toolのアップデート:インストールしようとしているパッチがPatching Toolのアップデートを必要としている場合、Patching Toolはその旨を表示します。 Patching Toolをアップデートするには、 Download のページから最新版をダウンロードしてください。 patching-toolフォルダの親フォルダに新しいパッチツールを解凍して、既存のパッチツールを上書きします。lフォルダの親フォルダに新しいパッチツールを解凍して、既存のパッチツールを上書きします。

データベースのインデックス: パッチによって作成された新しいデータベースインデックスがある場合、パッチツールはそれらを更新するように指示します。 リストを取得するには、次のコマンドを実行します。

patching-tool index-info

パッチ適用時にはデータベースへの接続がないため、ポータル起動時にインデックスを作成する必要があります。 サーバーがデータベース・インデックスを変更する権限を持っている場合、 portal-ext.properties ファイルに以下の設定を追加することで、起動時にインデックスを自動的に作成するように Liferay DXP に指示します。

database.indexes.update.on.startup=true

それ以外の場合は、手動でインデックスを作成する必要があります。 詳細はpatching-tool index-info コマンドの出力を確認してください。

ホットフィックスとパッチの管理:ホットフィックスは特定の顧客に直接提供されるオンデマンドの修正プログラムであり、フィックスパックはすべての顧客に一定の間隔で提供されるホットフィックスのより大きなバンドルです。 すでにホットフィックスがインストールされていて、そのホットフィックスを含むフィックスパックがリリースされた場合、Patching Toolで管理することができます。 フィックスパックは常にホットフィックスよりも優先されるため、フィックスパックをインストールすると、既にインストールされている重複したホットフィックスがアンインストールされ、代わりにフィックスパックのバージョンがインストールされます。

 Fix Packは累積的なものであるため、最新のフィックスパックには、同じLiferayのバージョンの以前のフィックスパックからのすべてのアップデートが含まれていることになります。 最新のものをインストールするだけでよく、ほとんどの場合、前のバージョンを手動でアンインストールする必要はありません。

フィックスパックの依存関係:ほとんどのホットフィックスは、特定のフィックスパックに依存しています。 特定のフィックスパックに依存するホットフィックスをインストールしようとすると、Patching Toolがその旨を通知します。ダウンロードページに移動し、必要なフィックスパックを入手します。

 

この記事は役に立ちましたか?
23人中17人がこの記事が役に立ったと言っています