別のDXP環境で使用するためのOpenSSO構成設定のエクスポート

OpenSSO設定をある環境から別の環境に移行する場合、設定を手動で移行する必要はありません。

解決

  1. Liferay DXP環境にログインします。
  2. コントロールパネル > 構成 > システム設定
  3. OpenSSOを検索し、OpenSSOエントリを開きます。
  4. 必要に応じてOpenSSOエントリを変更または保存します。また、 有効にするチェックボックスをオンにして、この機能を有効にします。
  5. 変更を保存します。
  6. プロパティをクリックし、[OpenSSOのみ]の横の[ エクスポート ](右ペイン)をクリックします。
  7. これにより、SSO構成がファイルとしてエクスポートされます。

    com.liferay.portal.security.sso.opensso.configuration.OpenSSOConfiguration.config

  8. 最終的な構成に応じてこれを変更し、このファイルを次の場所にコピーします。

    $LIFERAY_HOME/osgi/configs/com.liferay.portal.security.sso.opensso.configuration.OpenSSOConfiguration-default.config

  9. 必要に応じて、変更がOSGiに読み込まれたことを確認します。

これにより、環境自動化ツールを介してOpenSSO構成を管理できます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています