基本Webコンテンツの公開

 
 

コンテンツを公開する前に、Liferay DXP のコンテンツ階層を説明します。この階層はおおまかにLiferay DXPがコンテンツを表示する骨組みになる部分だと考えてください。

  • サイト(日本名)にはページとコンテンツが含まれます。

  • ページにはアプリケーションが含まれます。

  • ページを公開する仕組みは、まずはサイト内にページを作成し、そこにコンテンツを公開するアプリケーションを配置することで可能になります。具体的に、Webコンテンツディスプレイとアセットパブリッシャーを使うと、コンテンツの表示が可能になります。

 

このステップでは、前のセクションで作成したページにコンテンツを追加し、公開します。

 

  1. 「Liferayリゾートへようこそ」ページに戻ります。Webコンテンツページにいる場合は、画面左上の「Liferayリゾート」をクリックします。

  2. 画面右上にある[+] メニューを開き、[コンテンツ]を選択します。

    01.png

  3. 「Liferayリゾートへようこそ」をHello World ポートレットの上にドラッグ&ドロップします。

 

この時Liferay DXP内部では、コンテンツを[Webコンテンツの表示]アプリケーション内への配置と、配置されたアプリケーションのページへの追加が自動で行われています。手動でこの作業をする場合は、Web コンテンツディスプレイ アプリケーションをページに追加し、コンテンツを表示するように構成しないといけませんが、Liferay DXPを使うことで簡単にWebコンテンツを表示できます。

 

先程の手順でページにコンテンツを追加したので[Hello World]ポートレットを削除します。

 

  1. コンテンツの上にマウスを置くと、ポートレットバーが表示されます。02.png

  2. ポートレットメニュー[オプションアイコン]をクリックし、[ルック&フィール設定]を選択します。

  3. アプリケーション・デコレータで、[Barebone]を選択します。これにより、コンテンツのタイトル、背景、境界線がコンテンツ表示から削除されます。設定が終わったら[保存]をクリックします。

 

03.png

 

  1. ページの一番下の[Hello World ]ポートレットの上にマウスを移動します。

  2. ポートレットのオプションをクリックし、「削除」を選択します。

  3. コンポーネントを削除するかどうかを確認するウィンドウが表示されたら[ OK]クリックします。

これでコンテンツを作成しページに表示し、基本的なページ管理ができました。

これが基本となる操作です。次のセクションではより複雑なコンテンツを含むページ作成を行います。


<<戻る                     次へ>>

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています