DBアップグレードクライアントのインストールと実行

DBアップグレードクライアントは、Liferay DXPデータベースのアップグレードに使用するスタンドアロンクライアントです。 この記事では、DBアップグレードクライアントのインストールと実行方法を説明します。

解決

インストール

DB Upgrade Clientをインストールして実行するには、以下の2つの方法があります。

  1. このクライアントは、カスタマーポータルから利用可能なすべてのバンドルに含まれています。 Liferay DXPを.WARとしてアプリケーション・サーバーにデプロイする場合でも、追加ファイルのためにバンドルをダウンロードすることをお勧めします。
    1. Liferay DXPをアプリケーションサーバーにデプロイします。
    2. アプリケーションサーバーをシャットダウンします。
    3. クライアントをLiferay Digital Enterpriseインスタンスに解凍します (例: ${liferayHome}/tools/portal-tools-db-upgrade-client)。
    4. 実行 java -jar com.liferay.portal.tools.db.upgrade.client.jar
  2. JPMの利用
    1. jpmをインストールします。
    2. 実行 jpm install com.liferay.portal.tools.db.upgrade.clientをインストールします。
    3. 実行 liferay-upgrade-db

どちらの方法も、ツールの実行方法が別々になっています。 しかし、次のセクションにリストされているコマンドラインオプションは、両方の方法で同じように追加することができます (例えば、 liferay-upgrade-db --noShell)。

使用方法

初めてツールを実行すると、Liferay DXPのインストール用のプロパティが自動的に設定されます。 また、 app-server.propertiesportal-upgrade-database.properties、および portal-upgrade-ext.propertiesを設定することで、手動でこれを行うこともできます。 これらの .properties ファイルを、ツールを実行するディレクトリと同じ場所に配置してください。

また、DBアップグレードクライアントは、アップグレード後に自動的にGogoシェルに接続します。 これにより、モジュールのアップグレードの状態を確認することができます。

注意: com.liferay.portal.upgrade.internal.configuration.ReleaseManagerConfiguration.cfg というファイルを osgi/configs/ フォルダに以下の内容で追加することで、コアのみをアップグレードし、外部モジュールはアップグレードしないように設定することができます。 autoUpgrade=false..

コマンドライン実行、Gogoシェルコマンド、設定のオプションは以下で参照できます。

コマンドラインオプション

  • --jvm-opts または -j - アップグレードプロセスのJVMオプションを設定します。
  • --log-file または -l - ログファイルのカスタム名を使用します。
  • -shell または -s - アップグレード中に Gogo シェルに接続する

ゴーゴーシェルのコマンドオプション

  • exit または quit - Gogo シェルを終了します。
  • upgrade:help - アップグレードコマンドを表示します。
  • upgrade:check - 失敗した、または起動していないアップグレードを一覧表示します。
  • upgrade:execute {module_name} - そのモジュールのアップグレードを実行します。
  • upgrade:list - 登録されているすべてのアップグレードをリストアップします。
  • upgrade:list {module_name} - そのモジュールに必要なアップグレード手順を一覧表示します。
  • upgrade:list | grep Registered - 登録されているアップグレードとそのバージョンを一覧表示します。
  • upgrade:list | grep Registered | grep steps - 進行中の登録済みアップグレードを一覧表示します。
  • verify:execute {module_name} - ベリファイアを実行します。
  • verify:list - 登録されているすべての検証者をリストアップします。

設定オプション

アプリサーバー.プロパティ

  • dir - アプリケーションサーバのディレクトリ (required)
  • extra.lib.dirs - クラスパスに追加したい追加ディレクトリのカンマ区切りリスト (required)
  • global.lib.dir - アプリケーションサーバのグローバルlibディレクトリ (必須)
  • portal.dir - ポータルディレクトリ (必須)

portal-upgrade-database.properties

  • jdbc.default.driverClassName (必須)
  • jdbc.default.url (必須)
  • jdbc.default.username (必須)
  • jdbc.default.password (必須)

portal-upgrade-ext.properties

  • liferay.home - Liferay DXPホームディレクトリ (必須)
  • hibernate.jdbc.batch_size - パフォーマンスを向上させるために使用される JDBC バッチサイズ; デフォルトでは 250 に設定されます (オプション)
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています