組み込みポートレットでの位置タグライブラリの使用

この記事では、Liferayプラットフォームを使用しながら4つの異なる位置タグライブラリを使用する方法について説明します。 4タグライブラリは、次のとおりBodyBottomTagBodyTopTagHtmlBottomTag及びHtmlTopTag

これらのタグライブラリは、それらに含まれるコードを、ドキュメントオブジェクトモデル(DOM)の指定された領域の上部または下部に配置します。 テーマにポートレットを埋め込むこともできます。 この記事では、これらの位置タグライブラリの使用方法に関する情報と例を示します。

解決

ポートレット内に位置タグライブラリの1つを含める場合、デフォルトの動作は、ポートレットが埋め込まれているかどうかによって、少し異なります。

  • ポートレットが埋め込まれていない

    ポートレットの場合 ない 埋め込まれ、タグライブラリは、上部または下部にコードを含むことになります。

  • ポートレットが埋め込まれている

    ポートレット 埋め込まれている場合、taglibにはコードがインラインで含まれます。 つまり、ポートレットが埋め込まれているのと同じ位置にあります。

埋め込みポートレットがこのように機能するのは、JavaScriptをロードした後に実行されるため、埋め込みポートレットのレンダリング中にパフォーマンスの問題を回避するのに役立ちます。

位置タグライブラリ(デフォルトの動作は上部または下部にコードを表示する)を備えた埋め込みポートレットが必要な場合は、そのタグライブラリで値auto属性位置を使用する必要があります。 以下に、埋め込みポートレットのコードの一部の例を示します。

属性位置を使用しない場合:

<liferay-util:html-bottom>
    <script>
        console.log('This log will be executed inline.');
    </script>
</liferay-util:html-bottom>

属性位置の使用:

<liferay-util:html-bottom position="auto">
    <script>
        console.log('This log will be executed at the bottom.');
    </script>
</liferay-util:html-bottom>

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています