Liferay DXPのリモートステージングにおける一般的なエラー

この記事では、リモートステージングのアクティブ化とセットアップのエラーについて説明し、問題を解決するか、完全に回避するための手順を示します。 ユーザーがステージングのアクティブ化について一般的に知りたい場合は、 リモートライブステージングを有効にするを参照してください。

解決

エラー: ユーザーはリモートステージングにコンテンツを公開できません。

要約: ユーザーは、ステージングされた環境からリモートのライブサーバーにコンテンツを公開しようとしていますが、エラーが発生しています。

一般的な原因

  1. サーバーのリモートサーバーの portal-ext.properties正しい tunnel.servlet.hosts.allowed = がありません。
  2. SSLが正しく構成されていません。

推奨される解決策

ユーザーインターフェースと他のドキュメントですでに説明したように、ステージングサーバーのIPアドレスを使用して、リモートサーバーの portal-ext.properties tunnel.servlet.hosts.allowed = 設定を配置します。

または、ユーザーはリモートサーバーのコントロールパネルを使用できます。 コントロールパネルを使用するには、次の手順を実行します。

  1. コントロールパネル > 構成 > システム設定
    remotestaging_01.PNG
  2. Tunnel Auth Verifiers設定を検索してクリックします。

    DXP 7.1で作業しているユーザーの場合、設定の名前が変更されましたトンネル認証
    remotestaging_02.PNG

  3. / api / liferay / doクリックし
  4. [許可するホスト のリストで、 段階サーバーURLを入力します。
    remotestaging_03.PNG
  5. Updateクリックします
注意:一般的な原則として、コントロールパネルの設定は、portal-ext.propertiesの設定よりも優先されます。 コントロールパネルで行った変更が目的の変更であることを確認します。

ユーザーが安全な接続を介してコンテンツを公開したい場合は、アプリケーションサーバーのSSL接続を有効にし、適切なアプリケーションサーバーのドキュメントを参照してください。

予防のヒント

  1. ユーザーがSSLを有効にしている場合は、Javaセキュリティーファイルが正しく生成されていること、およびそれらが各アプリケーションサーバーの適切なファイルフォルダーにあることを確認してください。 アプリケーションサーバーのセキュアポートがアクティブ化されていることを確認してください(ほとんどの場合、8443など)。

  2. ステージングされたサーバーで、ターゲットのIP、ポート、およびサイトID(10444など)が正しいことを確認します。

追加情報

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています