JVMレベルでのタイムゾーン設定の設定に関する問題

Liferayサポートは、特定のサードパーティ製品を他の製品よりも推奨または推奨しません。 Liferayは、これらの製品に関する本書の指示または参照について責任を負いません。 これらの原則の実装は、加入者の責任です。

JVMレベルでタイムゾーン設定を変更すると(tomcatでsetenv.batまたはsetenv.sh)、そのJVMで実行されるすべてのプロセスに影響します。

この記事では、タイムゾーンがJVMレベルでGMTに設定されていない場合に発生する可能性があるいくつかの既知の問題について説明します。

解決

1。 カレンダーポートレットが正しく機能しない場合がある

タイムゾーンがJVMレベルでGMTに設定されていない場合、カレンダーポートレットからエクスポートされた終日のイベントの開始日と終了日は、エクスポートされた.icsファイルがMicrosoft Outlookにインポートされた後に誤った日付を表示する場合があります。 根本的な原因は、JVMレベルでタイムゾーンを変更すると、ポータルが終日のイベントの開始日と終了日を誤って計算することです。

また、別の関連する問題はLPS-33526ます。

2。 日付フィールドを持つ構造を使用して作成されたWebコンテンツは、公開後に誤った日付を表示します

タイムゾーンがJVMレベルでGMTに設定されていない場合、たとえば設定されている場合-Duser.timezone = Europe / Berlin、日付フィールドを持つ構造を使用して作成されたWebコンテンツは、公開後に誤った日付を表示します。

  1. 次のように、-Duser.timezoneEurope / Berlinと等しくなるように、環境に適したsetenvを構成します。

    -Duser.timezone =ヨーロッパ/ベルリン

  2. Liferayを開始
  3. 移動管理 > サイト管理 > コンテンツ > Webコンテンツ
  4. 日付フィールドを含む新しい構造を追加し、それをテンプレートに割り当てます
  5. 手順4で作成した構造とテンプレートを使用して新しい記事を作成し、[日付]フィールドで日付を選択します

公開後、日付がステップ5で設定した日付の前の日付に設定されていることを確認してください。

要約すると、ポータルのデータベースに保存されている各日付は、GMT時間で保存されている必要があります(必須)。 ポータルが1つの格納された日付をエンドユーザーに表示する必要がある場合、ポータルはアプリケーションサーバーの現在の日付(この日付は構成されたJVMレベルのタイムゾーンの影響を受ける)と格納されたGMT形式の日付に基づいて表示日付を計算します。 表示日付が正しく計算されるようにするには、タイムゾーンをJVMレベルでGMTに設定する必要があります。 そうしないと、タイムゾーンのオフセットが正しくなくなり、表示日付が誤って計算されて表示されます。

3。 DXP 7.0でLDAPの資格情報を変更した後、ユーザーログインが失敗する > FP 81

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています