.xmlキーファイルを使用する場合のDXPアクティベーションキーの導入手順

この記事では、.xmlキーファイルを使用する場合のLiferay DXPのアクティベーションキーの展開手順について説明します。

解決

  1. Liferay DXP 7.0フィックスパック53までは、LCSクライアントをアンインストールする必要があります
    1. 次の場所にあるLiferay Connected Services Client.lpkgを削除します。
      1. Tomcatバンドルの $ {liferay.home}/ osgi / marketplace フォルダー
      2. 別のアプリケーションサーバーを使用する場合、 OSGi Dependencies / marketplace フォルダー
    2. この手順は、Liferay DXP 7.2、7.1、および7.0フィックスパック54以降ではオプションです。
  2. フォルダー自体は削除せずに、 ${liferay.home}/ data / license フォルダーの内容を削除します。
  3. すべての activation-key-[...].xmlファイルを ${liferay.home}/ osgi / modules フォルダーから削除します。
  4. アプリケーションサーバーを起動します。
  5. アクティベーションキーのxmlファイルをLiferayデプロイディレクトリに配置します(${auto.deploy.deploy.dir}、デフォルトは ${liferay.home}
  6. アクティベーションキーファイルが自動展開されるのを待ちます
  7. Liferay DXPの使用に進みます

追加情報

Liferay DXPアクティベーション

ご不明な点がございましたら、お気軽にprovisioning@liferay.comまでお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています