DXPアクティベーションキーの展開手順(.xmlキーファイル使用時

この記事は、Liferay DXP で .xml キーファイルを使用する場合のアクティベーションキーのデプロイメント手順を説明します。

解像度

  1. Liferay DXP 7.0 Fix Pack 53 までは、LCS クライアントをアンインストールすることが必須です。
    1. Liferay Connected Services Client.lpkgを削除してください。
      1. Tomcat バンドル内の $ {liferay.home}/osgi/marketplace フォルダ内
      2. 他のアプリケーションサーバーを使用する場合、 OSGi Dependencies/marketplace フォルダーにあります。
    2. Liferay DXP 7.2, 7.1, 7.0 Fix Pack 54 以上では、このステップはオプションです。
  2. フォルダ自体を削除せずに、 ${liferay.home}/data/license フォルダの中身を削除します。
  3. フォルダー自体を削除せずに、$ {liferay.home}/data/license フォルダ配下のコンテンツをクリアします。
  4. activation-key-[...].xml ファイルを ${liferay.home}/osgi/modules フォルダからすべて削除します。
  5. アプリケーションサーバーを起動します。 クラスタリングの場合は、1ノードずつ起動します。
  6. アクティベーションキーの xml ファイルを Liferay のデプロイディレクトリ (${auto.deploy.deploy.dir}、デフォルトは ${liferay.home}) に置きます。
  7. アクティベーション・キー・ファイルが自動展開されるのを待ちます。
  8. Liferay DXPの使用に進む

追加情報

Liferay DXPアクティベーション

ご不明な点がございましたら、 provisioning@liferay.comまでお気軽にお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています