LCSを使用したDXPのアクティベート手順

以前Liferay 6.2版でのアクティベート方法はHelp Centerチケット経由でxmlファイルを入手し、ライフレイ環境に導入されましたが、Liferay DXPからはLCS (Liferay Connected Services)というお客様独自のアクティベーションキー発行と管理サイトで入手できます。このガイドでは、初めてLCSを使用してLiferay DXPのアクティベーションを行う方法をご紹介します。大まかな流れとしては、LCSで「環境」を作成、「環境」でトークンを生成、トークンをダウンロードして「$LIFERAY_HOME/data/」直下に配置すれば完了となります。

 ※LCSのアップデートにより、実際の画面がスクリーンショットと異なる場合があります

※スクリーンショットを直接クリックすることで拡大されます

※開発環境用アクティベーションキー(Developer License)に関するご案内は「その他」を参照ください

前提

  • Liferay DXPは停止しておく
  • 過去にXMLのアクティベーションキーを使用してアクティベートを行っている場合は、以下のファイルを事前に削除しておきます
    ●「$LIFERAY_HOME/data/license/」ディレクトリ内の、拡張子が「.li」の全ファイル
    ●「$LIFERAY_HOME/osgi/modules/」ディレクトリ内の、拡張子が「.xml」の全ファイル
  • インターネットへの接続環境がある
  • liferay.comに登録済みかつログイン済み
  • 必要に応じてプロキシの設定を済ませておく(後述します)

詳細

1) LCSのダッシュボードにアクセスし、「環境を追加」をクリックします

LCSJapan1.JPG

2) 任意の環境名を入力後「作成」ボタンをクリックして「環境」を作成

今回は環境名を「開発環境-1」としました。ここで入力した情報は、あとからいつでも変更できます。

 LCSJapan2.JPG

 

環境が作成されると以下のような画面が表示されます。

 LCSJapan3.JPG

 

 

3) 「環境」にサブスクリプションの種類を設定

左メニューの「Subscriptions」をクリックし、手順2で作成した「検証環境」の「サブスクリプション種類が割り当ててありません」をクリックし、サブスクリプションタイプを開発環境、検証環境、本番環境、バックアップのいずれかから選択して保存します。

 

この設定は後から変更できませんので、設定の際にはご注意ください。

LCSJapan4choosesubscription.png 

 

4) 手順2で作成した「環境」のページヘ戻り「トークンを生成します」をクリック

 LCSJapan5.JPG

 

5) 再度「トークンをダウンロードします」をクリックしてトークンが自動的にダウンロードされます

 LCSJapan6.JPG

 

6) ダウンロードしたトークンを「$LIFERAY_HOME/data/」の直下に配置する

その後、Liferay DXPを起動しまたlcs.liferay.comに戻りください。

 

7) LCSのダッシュボードにLiferayインスタンスが登録されていることを確認

問題なく接続されている場合:

LCSJapan7-1.png

インスタンスが停止しているか、インターネットの接続が切れている場合:

LCSJapan7-2.png 

プロキシ経由でLCSを使用するための事前設定(適宜設定)

ほとんどの場合でLCSクライアントの設定とデプロイは簡単ですが、もしWebプロキシを使用している場合、クライアントのデプロイ前にWARファイルにいくつかのプロパティを設定しておく必要があります。特に、portlet-ext.propertiesの設定は必須となります。

 

どのようなプロパティを設定しているかどうかにかかわらず、基本的な手順は以下のようになります。

 

  1. LCSクライアントのWARファイルの中からWEB-INF/classes/portlet-ext.properties(無ければ作成)を開く
  2. ファイルの内容を適宜変更
  3. LCSクライアントのWARファイルを変更を加えたportlet-ext.propertiesと一緒に更新
  4. LCSクライアントのWARファイルをデプロイ又はすでにデプロイ済みの場合は再デプロイ

 

プロキシ経由でLCSに接続するために、以下のプロパティをportlet-ext.propertiesの最後に追記し、適切な値を設定します。

 

proxy.host.login=

proxy.host.name=

 

もし認証プロキシを使用している場合、以下のプロパティも合わせて追記し、適切な値を設定します。

 

proxy.host.password=

proxy.host.port=


これでLSCクライアントのデプロイと、Liferay DXPインスタンスをLCSに登録するための準備は終わりです。

追加情報

  • 開発環境用アクティベーションキーは、LCSではなく別途Help Centerチケットを作成していただく必要があります
  • LCSを使用したアクティベートは常時インターネットの接続が必須となります
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています