DXP 7.0でのユーザーインターフェイスの変更

この記事では、Liferay DXP 7.0のユーザーインターフェイスでのフロントエンドツールと機能のいくつかの変更点について説明します。

解決

ここでは、いくつかの強調表示された変更と、それに続く新しいプロジェクトの簡単な説明を示します。

  • モジュール化; cssおよびjavascriptファイルは、変更されたファイル構造で移動できます。
  • 一部のロジックをポータルコードから個別のリポジトリ(Lexicon、Javascript Loader)に移動しました。
  • Bootstrapを新しいバージョンに更新しました。
  • SASSパーサーをlibsassに変更し、動的解析を中止しました。
  • SASSミックスイン用のツールキットとして、コンパスからバーボンに移動しました。
  • YahooはYUI3を維持しなくなったため、AlloyUIフレームワークは非推奨になりました。
  • 新しいJavaScriptライブラリとフレームワーク、 Metal.js
  • 一部の場所でES2015コード構文を使用しています。
  • 新しい Node.js ベースのプロジェクト(Lexicon、Theme Generator、AlloyEditor、Metal.js、Javascript Loader)。

Node.jsの新機能の内訳:

レキシコン

  • Liferay Experience Languageは、HTML、CSS、JSをLiferayで利用するための新しい方法です。 Lexiconは、開発者がクリーンなUIコンポーネントを構築するのに役立つ一貫した使いやすいAPIを提供します。
  • 例としては、 LexiconのWebサイト を参照してください。

Liferayテーマジェネレーター

  • 新しいテーマを生成してLiferayで使用できるようにし、テーマを展開および変更するために必要なツールを提供します。 .scssファイル拡張子を許可します。 テーマレットと呼ばれるテーマまたはテーマフラグメントを構築、作成、インポート、デプロイできます。
  • READMEを参照してリポジトリをダウンロードしてください

AlloyEditor

Metal.js

  • 開発者が独自のコンポーネントとテンプレートを作成できるようにするコア属性を提供します。

JavaScriptローダー

追加情報

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています