DXPサイトマッププレビュー内のローカライズされたサイトURLの識別

この記事では、Liferay DXP 7.0のローカライズされたサイトURLがWebクローラーによって適切に識別されていることを確認する方法について説明します。 ローカライズされたページの確認は簡単な作業ではありません。 3つの言語ローカリゼーションが構成されたページのサイトマップを次に示します。

http://localhost:8080/sitemap.xml?layoutUuid=cfdce6d6-40bb-1e28-bba3-4ec882b53792&groupId=20143&privateLayout=false

問題の部分が隠されているため、これは私たちを助けません。 なぜ読みやすくないのですか?

現在、サイトマップXMLの生成に使用されるデザインを拡張して直接URLを提供することはできません。 これを行うと、サイトマップが適切に検証されなくなり、サイトマップの目的が無効になります。 サイトマップを確認するには、2つの追加手段を使用できます。 1つ目は、URLが入力されたブラウザウィンドウのページソースを確認する方法で、2つ目は、XMLビューアを使用する方法です。

以下の手順に従って、ローカライズされたサイトのURLを特定します。

解決

インスタンスが実行されているブラウザにURLを配置すると、次の行が返されます。

http://localhost:8080/es/spanish-pagedaily2017-04-26T19:35:27+00:00http://localhost:8080/fr/french-pagedaily2017-04-26T19:35:27+00:00http://localhost:8080/english-pagedaily2017-04-26T19:35:27+00:00

ブレークポイントとして http を使用して、行を3つの部分に分割すると、3つの読みやすい行が得られます。 これらの3行は、ページのローカライズされたアドレスを明確に示しています。 1つはスペイン語、もう1つはフランス語、もう1つは英語です。

  • http://localhost:8080/es/spanish-page daily 2017-04-26T19:35:27+00:00
  • http://localhost:8080/fr/french-page daily 2017-04-26T19:35:27+00:00
  • http://localhost:8080/english-page daily 2017-04-26T19:35:27+00:00

追加情報

サイトマップの形式は<loc><changefreq><lastmod>です。

  • <loc>は問題のURLです
  • <changefreq>は、サイトマップの変更が予想される頻度を示します
  • <lastmod>は、サイトマップが最後に変更された日付です

より詳細な情報はここにあります: サイトマップXML形式

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています