IBM DB2 v.10.5へのDXPのインストール

この記事では、IBM DB2 10.5でLiferay DXPを起動する手順を説明します。

解決

データベースの作成

  1. 開始 DB2コマンドラインプロセスプラス.
    ibm-db2-clp_01.png
  2. 次のように入力します:
    create database dxp pagesize 32768 USING CODESET UTF-8 TERRITORY US
      1. 注1: テリトリー に加入者の特定の国を指定します。
      2. 注2: プロパティ 自動格納 で管理されている一時的なテーブルスペースは、 オプションです。 (デフォルトではIBM DB2は自動ストレージを使用し、ストレージグループがない限りほとんどの場合で動作します)。
  • IBM のドキュメントに記載されているエラーのため (追加情報のセクションで以下を参照)、次のように入力します。
    LOGFILSIZ 10000を使用してdxpのデータベース構成を更新する
    LOGPRIMARYを使用してdxpのデータベース構成を更新する80
    LOGSECONDを使用してdxpのデータベース設定を更新 40
    データベースdxpを再起動 データベースの再起動

注意: データベース名には dxp の値を代入してください。
注意: DB2は各コマンドの最後にセミコロンを必要としません。


データベースの接続

  1. 必要なジャーを入手します。 ジャーは、 \...\IBMSQLLIB\java フォルダにあります。
    1. db2jcc.jardb2jcc_license_cu.jar を他の依存関係のあるフォルダにコピーします。
    2. Apache Tomcatを使用している場合は、 lib\ext フォルダに置いてください。
  2. グローバルな lib フォルダに db2jcc4.jar を配置してください( libext フォルダには配置しないでください。
  3. portal-ext.properties ファイルに以下のように入力します。
    jdbc.default.driverClassName=com.ibm.db2.jcc.DB2Driver
    
    jdbc.default.url=jdbc:db2://{IP address}:50000/{database name}:deferPrepares=false;fullyMaterializeInputStreams=true;fullyMaterializeLobData=true;progresssiveLocators=2;progressiveStreaming=2;
    
    jdbc.default.username=db2admin
    
    jdbc.default.password={password}
    		
    
    custom.sql.function.isnull=CAST(? AS VARCHAR(32672)) IS NULL
    
    custom.sql.function.isnotnull=CAST(? AS VARCHAR(32672)) IS NOT NULL
    
    
  4. portal-ext.properties ファイルを保存します。
  5. アプリケーションサーバーを起動します。 この時点で、Liferay DXPはIBM DB2バージョン10.5にデプロイされています。

Note: Substitute the value of database's IP address or use localhost.
Note: Substitute the values for the database name, username and password.

追加情報

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています