モデルリスナーフックのアップグレード

開発者は、いくつかのLiferay Portalバージョン向けのモデルリスナーを作成しています。 以前のバージョンのポータルからモデルリスナーフックをアップグレードすることは、これまでになく簡単になりました。

  1. Liferay Upgrade Plannerを使用して、コードをLiferay DXP 7.1のAPIに適合させます。 プランナーのアップグレードの問題の修復ステップを実行した時、既存の事象の多くが自動修正またはフラグ付けされました。 残りのエラーについては、記事Resolving a Plugin’s Dependenciesを参照してください。

  2. プラグインをデプロイします。

Liferay DXPのプラグイン互換レイヤーは、プラグインWARをWebアプリケーションバンドル(WAB)に変換し、LiferayのOSGiランタイムにインストールします。

これでモデルリスナーフックは動作する準備が整いました。

関連トピック

モデルリスナーの作成

プラグインの依存関係の解決

依存関係の設定方法

Liferay Mavenビルドのアップグレード

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています