ワーキングプロトタイプの作成

ワーキングプロトタイプの作成

ファストトラック記事は、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

これまでで、Liferay Dev Studio DXPをインストールし、Liferay Workspaceを作成しました。 次に、アプリケーションを作成し、機能の追加を開始します。 これから行うことは次のとおりです。

  • アプリケーションを作成し、それをLiferay DXPインスタンスにデプロイします。
  • ゲストブックエントリを追加および削除するための機能ボタンを作成します。
  • ユーザーがゲストブックエントリを作成および編集するためのフォームを作成します。
  • ゲストブックエントリを表示するUIを作成します。
  • ゲストブックエントリを保存するプロトタイプのストレージシステム(後で置き換え可能)を実装します。

最後には、完全に機能するプロトタイプアプリケーションが完成し、後で拡張するための準備が整います。! 早速始めましょう。

« 開発のセットアップ概要初めてのLiferay DXPアプリケーションの作成 »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています