ツーリング

Liferayのコードは、任意の標準ツールセットを使用して作成することができ、特定のツールに制限されることなく、様々なツールに対応できます。これにより、既に使用しているツールを自由に使用することができます。

また、LiferayはLiferay DXP開発を効率化する独自のツールも作成しました。 これらのツールは、一般的なビルド環境(例: GradleおよびMaven)と統合されます。 以下が内蔵されているツールです。

  • Liferay Dev Studio DXP: EclipseベースのIDEで、Liferay DXPの開発をサポートします。
  • Blade CLI: Gradleベースの環境にブートストラップされる、コマンドラインインターフェイスです。Gradleベースの環境はLiferay WorkespacesとLiferay DXPプロジェクトの構築と管理に使用されます。
  • Liferay Workspace: Liferay DXPプロジェクトを保持および管理するために構築された環境です。
  • Liferay IntelliJプラグイン: IntelliJ IDEAでLiferay DXP開発をサポートするプラグインです。

Liferayには、プロジェクトに適用できるGradleおよびMavenプラグインも豊富に用意されています。これらの多くは、Liferay Workspaceなどのツールに既に組み込まれています。

Liferayは、サンプルまたは定義済みのプロジェクトテンプレートが必要な場合にも有用です。Liferayには、30以上のプロジェクトテンプレートと、数多くのプロジェクトサンプルが用意されています。

このセクションでは、Liferay DXPの最適な開発ツールを探している初心者の方だけではなく、現在の設定よりもさらに適したツールを探しているベテランの方の質問にも答えていきます。

« ゲストブックエントリのコメントと評価を有効にするLiferay Dev Studio DXP »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています