Liferay Dev Studio DXPのインストール

Liferay Dev Studio DXPのインストール

ファストトラック記事は、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

Liferay Dev Studio DXPは、多くのLiferay固有の機能と追加のエンタープライズ専用機能を提供するEclipseのプラグインです。 既存のEclipse環境にインストールするか、Liferayがバンドルバージョンを提供します。 インストールプロセスを開始する前に、Dev Studioの 互換性マトリックス を参照して、サポートされているLiferayのバージョンとアプリケーションサーバーについて理解してください。

このチュートリアルでは、Liferay Dev Studioをインストールするためのさまざまな方法を学習します。

重要: Dev Studioを既存のEclipse環境にインストールする場合は、Eclipse Oxygen以降が必要です。 Oxygenへのアップグレード手順については、Eclipseの アップグレードドキュメント参照してください。 この特定のアップグレードでは、 WindowPreferencesInstall / UpdateAvailable Software Sites メニューで現在利用可能なアップデートサイトを非アクティブ化して、アップグレードを確実に成功させる必要があります(Neonなど)。

Liferay Dev Studio Bundleをインストールする

  1. Javaダウンロードしてインストールします。 Liferay DXPはJavaで実行されるため、他のすべてを実行するにはJavaが必要です。 Liferay Dev StudioでLiferay DXPのアプリを開発するため、Java Development Kit(JDK)が必要です。 これは、新しいJavaテクノロジの開発に使用されるJava環境の拡張バージョンです。 Java SE JDKは、Java Downloads ページからダウンロードできます。

  2. オペレーティングシステムに関連するDev Studio DXP 実行可能ファイルを含むLiferayの最新の3.2.x

プロジェクトSDKをダウンロードします。 プロジェクトSDKには、Dev Studio DXP、 Liferay Workspace、および Blade CLIます。

Dev Studio DXPインストーラをダウンロードする前に、liferay.comのユーザー名とパスワードの入力を求められる場合があります。 Dev Studio DXPにはLiferay DXPへのアクセスが含まれるため、それを使用する権限があることを確認する必要があります。

資格情報はローカルに保存されません。それらは / .liferay フォルダーにトークンとして保存されます。 Liferay DXPバンドルを再ダウンロードすることを決定した場合、このトークンはDev Studioの Liferayワークスペース によって使用されます。 さらに、ワークスペースにダウンロードされたLiferay DXPバンドルも / .liferay / bundles フォルダーにコピーされるため、同じバージョンの別のLiferay DXPインスタンスを初期化する場合、バンドルは再作成されませんダウンロードしました。 参照してください ワークスペースへのLiferayバンドルを追加する このトピックの詳細については。

重要: トークンジェネレーターは、プロキシの背後に構築されたワークスペースのトークンを生成するときに問題が発生することがあります。 ワークスペーストークンを自動的に生成できない場合は、 手動で生成できます

3 インストーラーを実行します。 ご使用のオペレーティングシステムとインストール先によっては、インストーラーの実行を許可する必要がある場合があります。

4 インストールプロセスに使用するJavaランタイムを選択します。 次に Nextクリックします。

5 をクリックして、インストールプロセスを開始します。 Liferay Dev Studioインスタンスのインストールフォルダーを選択します。 次に Nextクリックします。

図1:Dev Studioインスタンスを配置するフォルダーを選択します。

6 Liferay DXPアクティベーションキーを入力して、Dev Studio DXPとともにパッケージ化されたLiferay DXPバンドルをセットアップします。 次に Nextクリックします。

Dev Studioはデフォルトで Liferay Workspace インストールします。これは、Liferay DXPプロジェクトの構築と管理に使用される開発者環境です。 インストーラーは、Liferayワークスペースとその専用コマンドラインツール(ブレードCLI)を自動的にインストールします。

7 プロジェクトSDKのプロキシ設定を構成します。 ファイアウォールの内側でDev Studioを使用する必要がある場合は、プロキシ設定を構成できます。 詳細については、 Liferay IDEプロキシ設定 および Liferayワークスペースプロキシ設定 チュートリアルを参照してください。 これが必要ない場合は、このステップをスキップしてください。

図2:必要に応じて、プロジェクトSDKのプロキシ設定を構成します。

8 をクリックして、Dev Studioインスタンスのインストールプロセスを完了します。

おめでとう\! Liferay Dev Studio DXP \!をインストールしました。 指定したフォルダで利用できるようになりました。 Dev Studioを実行するには、 DeveloperStudio 実行可能ファイルを実行します。 Liferayワークスペースも同じフォルダーで初期化されています。

Liferay Dev StudioをEclipse環境にインストールする

更新URLを使用してDev Studioをインストールするには、次の手順に従います。

  1. Eclipseで、 ヘルプ → *新しいソフトウェアのインストール…*ます。

  2. [ Work with フィールドで、URL http://releases.liferay.com/tools/ide/latest/milestone/コピーします。

  3. 以下のリストにDev Studioコンポーネントが表示されます。 それらをチェックして、 次へをクリックします。

  4. 契約の条件に同意します。 Nextクリックすると、Dev Studioがインストールされます。 他のEclipseプラグインと同様に、使用するにはEclipseを再起動する必要があります。

Liferay Dev Studioが既存のEclipse環境にインストールされました。

Liferay Dev StudioをZIPファイルからEclipseにインストールする

Zipファイルを使用してDev Studioをインストールするには、次の手順に従います。

  1. Liferay Dev Studio DXP ダウンロードページに移動します。 ドロップダウンメニューから、[ Developer Studio Updatesite Zip ]を選択し、[ ダウンロード]をクリックします。

  2. Eclipseで、 ヘルプ → *新しいソフトウェアのインストール…*ます。

  3. [ Add ]ダイアログで、[ Archive ]ボタンをクリックし、ダウンロードしたLiferay Dev Studio Update Site .zip ファイルの場所を参照します。 次に OK押し* 。

4 以下のリストにDev Studioコンポーネントが表示されます。 それらをチェックして、 次へをクリックします。

図3:インストールするすべてのDev Studioコンポーネントを確認してください。

5 契約条件に同意し、[ 次へ]をクリックすると、Developer Studioがインストールされます。 他のEclipseプラグインと同様に、使用するにはEclipseを再起動する必要があります。

驚くばかり\! Liferay Dev Studioを既存のEclipse環境にインストールしました。

ワークスペーストークンを手動で生成する

トークンの自動生成で問題が発生した場合は、以下の手順に従って手動でトークンを作成できます。

  1. www.liferay.com 移動して、アカウントにログインします。

  2. 右上のプロフィール写真にカーソルを合わせ、[ アカウントホーム]を選択します。

  3. 左側のメニューから アカウント設定 選択します。

  4. Miscellaneous見出しの下の右側のメニューから Authorization Tokens クリックします。

図4:承認トークンメニューでワークスペーストークンを手動で作成できます。

  1. [ Add Token選択し、デバイス名を付けて、[ Generate]をクリックします。 デバイス名は任意の文字列に設定できます。それは簿記目的のためだけです。

  2. / .liferay / token という名前のファイルを作成し、生成されたトークンをそのファイルにコピーします。

図5:生成されたトークンはコピーに使用できます。

ファイルに改行や空白がないことを確認してください。 1行である必要があります。

トークンを手動で生成し、インストーラーがアクセスできるようになりました。 インストーラーを実行していない場合は、ここで実行できます。 すでにインストーラーを実行している場合は、ワークスペースの gradle.properties ファイルにダウンロードするようにDXPバンドルを設定できます。 詳細については、 ワークスペース へのLiferayバンドルの追加チュートリアルを参照してください。

« Liferay Dev Studio DXPDev Studioを使用したLiferay Workspaceの作成 »
この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています