Blade CLIのインストール

Liferay Project SDKインストーラーを使用して、Blade CLIをインストールできます。これにより、JPMとBlade CLIがお使いのユーザーホームフォルダにインストールされ、オプションでLiferay Workspaceフォルダが初期化され ます。

Blade CLIのプロキシ設定を設定する必要がある場合は、Installing Blade CLI with Proxy Requirementsに従ってください。

以下の手順に従って、Blade CLIをダウンロードしてインストールします。

  1. 使用しているオペレーティングシステム(例: Windows、MacOS、またはLinux)に対応する最新のLiferay Project SDKインストーラーをダウンロードします。Project SDKインストーラーは*[Liferay IDE]*の下にリストされており、フォルダのバージョンはIDEリリースに基づいています。Dev Studio DXPの使用を予定していない場合は、Dev Studio DXPを含まないインストーラーを選択できます。Project SDKインストーラーは、バージョン3.2.0以降で使用できます。大きな緑色のダウンロードボタンを選択しないでください。ボタンを押してしまうと、代わりにLiferay Portalがダウンロードされてしまいます。

  2. インストーラーを実行します。*[次へ]*をクリックして、インストーラーの概要を確認します。

  3. Liferay Workspaceを初期化する場合、ディレクトリの場所を設定することができます。

    図1:Liferay Workspaceを配置する場所を決定します(必要な場合)。

    Blade CLIのみをインストールする場合は、*[Don’t initialize Liferay Workspace directory]というオプションを選択します。そして、[次へ]*をクリックします。

  4. 先に紹介した手順でLiferay Workspaceフォルダを初期化することにした場合は、ワークスペースで使用するLiferayの製品タイプを選択するための追加オプションがあります。製品タイプを選択して、*[次へ]*をクリックします。

    図2:Liferay Workspaceで使用する製品バージョンを選択します。

  5. *[次へ]*をクリックして、コンピューターへのBlade CLI/Liferay Workspaceのインストールを開始します。

これで、Blade CLIがマシンにインストールされました。Liferay Workspaceフォルダを初期化する場所を指定した場合は、そこにフォルダがインストールされます。

Blade CLIは、Liferay DXP 7.1アプリケーションの構築に役立つテンプレートを多数提供しています。また、これらのアプリをデプロイし、Liferayサーバーと対話するさまざまな方法を提供しています。詳細については、他のBlade CLIのチュートリアルも必ず参照してください。

macOS/Linuxでのインストーラーの問題

macOSまたはLinuxを使用している場合、コマンドラインからbladeコマンドを使用できないという問題が発生する可能性があります。これは、インストーラーがJPMのbinフォルダをユーザーパスに追加できないために発生します。JPMは、Blade CLIで使用されるJavaのパッケージマネージャーです。

必要なbinフォルダを追加するには、使っているオペレーティングシステムに基づいて以下の適切なコマンドを実行します。

macOS:

echo 'export PATH="$PATH:$HOME/Library/PackageManager/bin"' >> ~/.bash_profile

Linux:

echo 'export PATH="$PATH:$HOME/jpm/bin"' >> ~/.bash_profile

コマンドラインを再起動すると、bladeコマンドが使用可能になります。

« Blade CLIプロキシ要件を持つBlade CLIのインストール »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています