Liferay Workspaceのインストール

Liferay Project SDKインストーラーを使用して、Liferay Workspaceをインストールすることができます。これにより、JPMとBlade CLIがユーザーホームフォルダにインストールされ、オプションでLiferay Workspaceフォルダが初期化されます。これは、Blade CLIのインストールに使用したインストーラと同じで、Installing Blade CLIのチュートリアルで説明されています。

Liferay Workspaceをダウンロードしてインストールするには、以下の手順に従ってください。

  1. 使用しているオペレーティングシステム(例: Windows、MacOS、またはLinux)に対応する最新のLiferay Project SDKインストーラーをダウンロードします。Project SDKインストーラーは*[Liferay IDE]*の下にリストされており、フォルダのバージョンはIDEリリースに基づいています。Dev Studio DXPの使用を予定していない場合は、Dev Studio DXPを含まないインストーラーを選択できます。Project SDKインストーラーは、バージョン3.2.0以降で使用できます。大きな緑色のダウンロードボタンを選択しないでください。ボタンを押してしまうと、代わりにLiferay Portalがダウンロードされてしまいます。

  2. インストーラーを実行します。*[次へ]*をクリックして、インストーラーの概要を確認します。

  3. Liferay Workspaceを初期化するディレクトリを設定します。

    図1:Liferay Workspaceの場所を決定します。

    それから、*[次へ]*をクリックします。

  4. ワークスペースで使用するLiferayの製品タイプを選択します。そして、*[次へ]*をクリックします。

    図2:Liferay Workspaceで使用する製品バージョンを選択します。

  1. *[次へ]*をクリックして、マシンへのLiferay Workspaceのインストールを開始します。

これで、Liferay Workspaceがマシンにインストールされました。

« Liferay WorkspaceLiferay Workspaceの設定方法 »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています