JSFプロジェクトの手動作成

JSFプロジェクトの手動作成

ご覧のページは、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

Liferay DXPのモジュラーアーキテクチャは、さまざまなテクノロジーを使用して作成されたモジュラーアプリケーションに適しています。 JSFアプリケーションも例外ではなく、Liferayプラットフォームにシームレスに統合するように開発できます。

チュートリアルのこのセクションでは、実行時にOSGiモジュールとしてデプロイ可能なJSFアプリケーションをパッケージ化して作成します。

実行する手順は次のとおりです。

  • WARスタイルのフォルダー構造を構築します。
  • 選択したビルドファイルで必要な依存関係を指定します。
  • JSFポートレット記述子とLiferay記述子を作成します。
  • 指定された2つの リソース フォルダーにリソースファイルを追加します。
  • Javaクラスを使用して、ポートレットの動作を定義します。
  • ユーザーがポートレットと対話できるように、ビューXHTMLフォームを設計します。

このセクションでは、 ZIPファイルダウンロードして、JSFアプリケーションソリューションの例をいつでも確認できます。

始めましょう\!

« Dev Studioを使用したJSFプロジェクトの生成JSFアプリケーションのパッケージ化 »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています