lpkgファイルのオーバーライド

アプリケーションはLiferay Marketplaceを介してlpkgファイルとして配信されます。これは、Liferay DXPにデプロイされる.jarファイルを含む単純な圧縮ファイル形式です。 Marketplaceからアプリケーションを調べたい場合は、.lpkgファイルを解凍して、その中にある.jarファイルを確認するだけです。

アプリケーションを調べた後、.jarのいずれかをカスタマイズできます。.jarのコピーでカスタマイズを行います。ただし、通常アプリケーションをデプロイする方法でデプロイしないでください。.lpkgをオーバーライドすることで、元の.lpgkファイルを変更せずにアプリケーションモジュールを更新できます。手順は次のとおりです。

  1. Liferay DXPをシャットダウンします。

  2. [Liferay Home]/osgi/marketplaceフォルダ]にoverrideというフォルダを作成します(/docs/7-0/deploy/-/knowledge_base/d/installing-product#liferay-home)。

  3. 更新した.jarに、元の.lpkgの.jarと同じ名前からバージョン情報を除いた名前を付けます。たとえば、Liferay CE Amazon Rankings.lpkgcom.liferay.amazon.rankings.web-1.0.5.jarをオーバーライドしている場合は、.jarの名前をcom.liferay.amazon.rankings.web.jarにします。

  4. この.jarをステップ1で作成したoverrideフォルダにコピーします。

これはMarketplaceのアプリケーションで機能しますが、コアLiferayテクノロジーとサードパーティユーティリティ(サーブレットAPI、Apacheユーティリティなど)を含む静的.lpkgもあります。これらの.jarファイルのいずれかをカスタマイズまたはパッチ適用する場合は、次のプロセスを実行します。

  1. カスタマイズを行い、.jarファイルにパッケージ化します。

  2. カスタマイズした.jarに元の.jarと同じ名前からバージョン情報を除いた名前を付けます。 たとえば、カスタマイズしたcom.liferay.portal.profile-1.0.4.jarの名前はcom.liferay.portal.profile.jarになります。

  3. .jarを[Liferay Home]/osgi/staticフォルダにコピーします。

これでLiferay DXPを開始できます。この方法で.jarを追加および削除する場合は常に、Liferay DXPをシャットダウンしてから再起動して、変更を有効にする必要があります。

カスタマイズをロールバックする必要がある場合は、オーバーライドする.jarファイルを削除します。Liferay DXPは、次回の起動時に元の.jarを使用します。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています