service.xmlファイルの作成

service.xmlファイルの作成

ファストトラック記事は、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

ポートレットプロジェクトのサービスを定義するには、 service.xml ファイルを作成する必要があります。 DTD(Document Type Declaration)ファイル liferay-service-builder \ _7 \ _1 \ _0.dtd は、使用するXMLの形式と要件を指定します。 service.xml ファイルを手動で作成するか、Liferay @ <ide@>使用できます。 Dev Studio DXPを使用すると、 service.xml ファイルをつずつ作成し、DTDに準拠したXMLを作成する際の当て推量を排除できます。

BladeまたはDev Studio DXPテンプレートからプロジェクトを作成した場合、 * -service モジュールのルートフォルダーには、 Fooという名前の エンティティ 要素を持つ service.xml ファイルがあります。 <entity name="Foo" ...> 全体を削除します... </entity> 要素:これは単なる例です。 実用的ではありません。

service.xml ファイルがまだない場合は、 * -service モジュールのルートフォルダーにファイルを作成し、ファイルを開きます。 Liferay Dev Studio DXPには、ダイアグラムモードとソースモードが用意されており、 service.xml ファイルのサービス情報をさまざまな観点から見ることができます。

  • 図モード 、サービスエンティティ間の関係の作成と視覚化を促進します。
  • ソースモード は、エディターで service.xml ファイルの未加工XMLコンテンツを表示します。

これらのモードを切り替えることができます。

次に、サービスのグローバル情報を指定します。

« Service Builderを使用したオブジェクトリレーショナルマップの定義グローバルサービス情報の定義 »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています