資産フレームワーク

資産フレームワーク

ご覧のページは、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

アセットフレームワークはLiferayのコア機能を強化しているため、アプリケーションに追加できます。 たとえば、今後のイベントのリストを表示するイベント管理アプリケーションを構築する場合、アセットフレームワークを使用して、ユーザーがタグ、カテゴリ、またはコメントを追加して、エントリをよりわかりやすくすることができます。

背景として、用語 資産 は、ポータル内のあらゆるタイプのコンテンツを指します。 これは、テキスト、ファイル、URL、画像、ドキュメント、ブログエントリ、ブックマーク、Wikiページ、またはアプリケーションで作成したものであれば何でもかまいません。

アセットフレームワークのチュートリアルでは、Liferayのサービスビルダーを使用して永続化レイヤーを生成し、永続化するエンティティにアクセス許可を実装し、検索およびインデックス作成を有効にしていることを前提としています。 LiferayのService Builderの詳細と使用方法については、 Service Builder チュートリアルセクションでご覧いただけます。

このセクションに続くチュートリアルでは、アセットフレームワークのさまざまな機能を活用する方法について説明します。 アプリに実装するときにユーザーに提供する機能を次に示します。

  • アセットを広範囲にレンダリングします。
  • タグをカスタムコンテンツタイプに関連付けます。 ユーザーは、新しいタグを作成して割り当てるか、既存のタグを使用できます。
  • カテゴリをカスタムコンテンツタイプに関連付けます。
  • コントロールパネルからタグを管理します。 管理者はタグをマージすることもできます。
  • コントロールパネルからカテゴリを管理します。 これには、カテゴリ階層を作成する機能が含まれます。
  • アセットを相互に関連付けます。

最初にチュートリアルに進む前に、カスタムコンテンツエントリが追加、更新、または削除されるたびにフレームワークに通知する方法を実装する必要があります。 次のチュートリアルではそれについて説明します。 その時点から、各チュートリアルでは、UIで特定のアセットフレームワーク機能を活用する方法を示します。 アセットフレームワークトレーニングを開始しましょう!

関連トピック

Service Builderとは

サービスビルダーの永続性

構成可能なアプリケーション

« インデックス作成フレームワークアセットの追加、更新、削除 »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています