Liferay UI Taglibの使用

Liferay UIタグライブラリは、一般的に使用されるUIコンポーネントを実装するタグを提供します。これらのタグにより、マークアップの一貫性、応答性、アクセス性が向上します。

使用可能なLiferay UI taglibのリストは、Liferay UI taglibdocsで確認できます。 各taglibには、タグに渡すことができる属性のリストがあります。これらの一部は必須で、一部はオプションです。各タグの要件については、taglibdocsを参照してください。Liferay Github RepoフォルダーのJSPにタグによって生成された完全なマークアップがあります。

アプリでLiferay-UI taglibライブラリを使用するには、JSPに次の宣言を追加する必要があります。

<%@ taglib prefix="liferay-ui" uri="http://liferay.com/tld/ui" %>

Liferay-UI taglibは、FreeMarkerのテーマおよびWebコンテンツテンプレート用にマクロ経由でも利用できます。次の構文に従います。

<@liferay_ui["tag-name"] attribute="string value" attribute=10 />

チュートリアルのこのセクションでは、Liferay UI taglibを使用してUIコンポーネントを作成する方法について説明します。各チュートリアルには、コードの例と、作成されたUIのスクリーンショットが含まれています。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています