画面ナビゲーションフレームワーク

画面ナビゲーションフレームワーク

ファストトラック記事は、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

Screen Navigation Frameworkは、アプリケーションUIをカスタマイズおよび拡張するためのものです。 これを使用して、Liferayのアプリケーションを独自のものにし、他のユーザーがアプリケーションをカスタマイズできるようにすることができます。

これを機能させるために、フレームワークは画面の特定の構造を想定し、1つまたは2つのレベルのナビゲーションをサポートしています。 トップレベルナビゲーションの各アイテムは ScreenNavigationCategoryです。 第2レベルの各アイテムは ScreenNavigationEntryです。 通常、カテゴリはタブで表されますが、エントリは第2レベルのナビゲーションを使用します。 アプリケーションにエントリは必要ありませんが、少なくとも1つのカテゴリが必要です。

図1:画面ナビゲーションを使用する典型的なアプリケーションには、3つのカテゴリと多数のエントリがあります。

画面構造は通常、ナビゲーションカテゴリをページ上部の水平タブとして、ナビゲーションエントリをページの左側に沿ったアイテムの垂直リストとして表示します。 コンテンツを含む画面ボックスは、画面の残りを使用します。 このデフォルトのレイアウトは、必要に応じてカスタマイズできます。

セカンダリナビゲーションはオプションです。追加のナビゲーションのないカテゴリタブのみが必要な場合があります。

図2:セカンダリナビゲーションはオプションです。タブのみを選択することもできます。

« 推奨事項とベストプラクティスアプリケーションにフレームワークを使用する »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています