Liferayアプリケーションへのカスタムスクリーンの追加

Liferayアプリケーションへのカスタムスクリーンの追加

ご覧のページは、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

特定のLiferayアプリケーションをカスタム画面で拡張できます。 カスタム画面では、開発した機能の構成を追加して、元のアプリケーションとシームレスに統合できます。

カテゴリー管理

カテゴリ管理アプリケーションは、カスタム画面の追加をサポートして、カテゴリを編集するための追加オプションを提供します。 新しい画面ナビゲーションエントリとカテゴリの追加を示すために、カテゴリ管理に追加します。

  1. ScreenNavigationCategory および ScreenNavigationEntryを実装する CategoryCustomScreenNavigationEntry という名前の asset-categories-admin-web モジュールに新しいJavaクラスを作成します。

  2. クラス宣言の上に次のコンポーネントアノテーションを追加します。

     @Component(
         property = {
           "screen.navigation.category.order:Integer=1",
           "screen.navigation.entry.order:Integer=1"
         },
         service = {ScreenNavigationCategory.class, ScreenNavigationEntry.class}
     )
    

    screen.navigation.category.order および screen.navigation.entry.order は、ナビゲーション内のアイテムの表示場所を決定します。 ナビゲーションの最初が高い。

    サービス 宣言、定義として宣言 ScreenNavigationCategoryScreenNavigationEntry、または両方。

  3. クラス本体には、次のコードを挿入します。

    @Override
    public String getCategoryKey() {
        return "custom-screen";
    }
    
    @Override
    public String getEntryKey() {
        return "custom-screen";
    }
    
    @Override
    public String getLabel(Locale locale) {
        return LanguageUtil.get(locale, "custom-screen");
    }
    
    @Override
    public String getScreenNavigationKey() {
        return AssetCategoriesConstants.CATEGORY_KEY_GENERAL;
    }
    
    @Override
    public void render(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response)
        throws IOException {
    
       _jspRenderer.renderJSP(request, response, "/category/custom-screen.jsp");
    }
    
    @Reference
    private JSPRenderer _jspRenderer;
    
  4. / resources / META-INF / resources / category / フォルダーに custom-screen.jsp を作成します。

  5. JSPクラスの上部で、画面ナビゲーションUIを使用するには、上部に次のスクリプレットを挿入します。

    <%
    String redirect = ParamUtil.getString(request, "redirect", assetCategoriesDisplayContext.getEditCategoryRedirect());
    
    long categoryId = ParamUtil.getLong(request, "categoryId");
    
    AssetCategory category = AssetCategoryLocalServiceUtil.fetchCategory(categoryId);
    
    long parentCategoryId = BeanParamUtil.getLong(category, request, "parentCategoryId");
    
    long vocabularyId = ParamUtil.getLong(request, "vocabularyId");
    
    portletDisplay.setShowBackIcon(true);
    portletDisplay.setURLBack(redirect);
    
    renderResponse.setTitle(((category == null) ? LanguageUtil.get(request, "add-new-category") : category.getTitle(locale)));
    %>
    
  6. その下に次のタグを挿入します。

    <liferay-frontend:screen-navigation key=
    "<%= AssetCategoriesConstants.CATEGORY_KEY_GENERAL %>"
    modelBean="<%= category %>"
    portletURL="<%= portletURL %>"
    />
    
  7. JSPの残りの部分では、カスタム画面を作成します。

これで、そのパターンを使用して、必要なものに合わせて追加の画面を作成できます。

« アプリケーションにフレームワークを使用する製品ナビゲーション »
この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています