アイテムセレクター

アイテムセレクター

ファストトラック記事は、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

アイテムセレクター は、ユーザーフレンドリな方法でエンティティを選択するためのUIコンポーネントです。 多くのLiferayアプリはアイテムセレクターを使用して、ユーザーが画像、ビデオ、オーディオファイル、ドキュメント、ページなどのアイテムを選択できるようにします。 たとえば、ドキュメントとメディアライブラリを使用すると、ユーザーはファイルを選択できます。

図1:アイテムセレクターにより、ユーザーはさまざまな種類のエンティティを参照して選択できます。

Item Selector APIは、独自のアプリでItem Selectorを使用、拡張、作成するためのフレームワークを提供します。 このセクションのチュートリアルでは、このフレームワークの使用方法を示します。

Item Selector APIの使用例は次のとおりです。

  1. アプリのユーザーにアイテムセレクターを介してエンティティを選択させる。

  2. アプリのカスタムエンティティを選択するためのアイテムセレクターの構成。

  3. エンティティに新しい 選択ビュー を追加して、選択エクスペリエンスをカスタマイズします。

次のチュートリアルでは、選択ビューとは何か、Item Selector APIのその他のコンポーネントについて学習します。

« コラボレーションItem Selector APIのコンポーネントについて »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています