テンプレートへのウィジェットの埋め込み

テンプレートへのウィジェットの埋め込み

ご覧のページは、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

ウィジェットをWebコンテンツテンプレートに埋め込むこともできます。 インスタンス化可能またはインスタンス化不可能なコアアプリとカスタムアプリは、Webコンテンツテンプレートに埋め込むことができます。 以下は、FreeMarkerとVelocityに言語ウィジェットを埋め込む例です。

FreeMarker:

<@liferay_portlet_ext["runtime"] portletName="com_liferay_portal_kernel_servlet_taglib_ui_LanguageEntry" />

速度:

$theme.runtime("com_liferay_portal_kernel_servlet_taglib_ui_LanguageEntry");

テンプレートにウィジェットを埋め込むだけでなく、テンプレートを別のテンプレートに埋め込むこともできます。 これにより、再利用可能なコード、JavaScriptライブラリのインポート、スクリプト、またはマクロが可能になります。

以下は、FreeMarkerとVelocityにテンプレートを埋め込む例です。

FreeMarker

<#include "${templatesPath}/[template-key]" />    

速度

#parse ("$templatesPath/[template-key]")

テンプレートキー は、以前に発行されたテンプレートを編集するときに見つかります。

図1:テンプレートの編集ページを表示すると、テンプレートキーを見つけることができます。

« 構造を持つテンプレートの追加テンプレートでのタグライブラリの使用 »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています