Liferayフォームの新機能

Liferayフォームの新機能

ご覧のページは、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

Liferay Formsは進化しています。 この記事では、Formsの目立った変更と追加をまとめています。 これらの機能の詳細については、このセクションの他の記事を参照してください。

フォームルール :条件(これがフィールドX発生する場合は*)とアクション(はこれを実行:X)を指定して、動的フォームの動作を設定します。 使用可能なアクションには、表示、有効化、要求、自動入力、計算、およびページへのジャンプがあります。

図1:フォームルールは、いくつかの条件に応じてアクションをトリガーします。

フォームの翻訳 :プラットフォームのサポートされている言語への同じフォームの翻訳を提供します。 フォームユーザーは、表示する言語を選択します。

図2:フォームをサポートされている言語に翻訳します。

新しいフィールドとプロパティ :ファイルアップロードフィールドにより、ログインしたユーザーはフォームにドキュメントをアップロードできます。 数値フィールドは、入力が数値であることを検証します。 グリッドフィールドを使用すると、ユーザーは行と列に配置されたオプションから選択できます。 行ごとに1つの選択を行うことができます。

図3:ファイルのアップロード、グリッド、数値のフィールドが新しくなりました。

要素セット :新しいフォームに一般的なフィールドと設定をすばやく入力するために使用できる再利用可能なフォームフラグメントを作成します。

図4:再利用可能な要素セットは、新しいフォームにすばやく入力するのに最適です。

自動保存 :デフォルトでは、フォームは毎分自動保存されます(フォームビルダーが 保存クリックする必要はありません)。 期間は、コントロールパネル→構成→システム設定→フォームで構成できます。 自動保存は、発行されたフォームには反映されません。

図5:フォームの自動保存により、最近の変更が確実に保存されます。

オートコンプリートテキストフィールド :データプロバイダーまたは手動で入力したオプションを使用して、ユーザーがテキストフィールドに入力するときに選択するオートコンプリート値をユーザーに提供するようにテキストフィールドを構成します。 テキストフィールドのプロパティでオートコンプリートを設定します。

図6:ユーザーがテキストフィールドに入力していて、オートコンプリートオプションのリストに驚いています。

フォーム成功ページ :フォーム送信が成功した後に表示されるフォームページを追加します。

図7:成功ページは、フォームの送信が成功したことをユーザーにフィードバックします。

フォームとフォームフィールドの複製 :フォームを複製して、同様のフォームを最初から作成しないようにします。 同様に構成された複数のフィールドが必要な場合は、フォームフィールドを複製します。

図8:フォームを複製して、次の同様のフォームで有利なスタートを切る。

テキストフィールドエントリの検証 :テキストフィールドに検証ロジックを追加し、フォーム検証エラーのカスタムメッセージを作成します。 検証で正規表現を使用するには、[ If入力 リストから選択]フィールドで[ 一致しない]を選択します。

図9:テキストフィールドを検証して、ユーザーが正しいデータを入力したことを確認します。

データプロバイダーの機能強化 :データプロバイダーは、引き続き[リストから選択]フィールドに入力するために使用されます。 データプロバイダーの設定フォームが一新され、データプロバイダーの定義をインポートおよびエクスポートできるようになりました。 データプロバイダーは、オートコンプリート機能およびオートフィルルールともリンクされています。

図10:データプロバイダーインターフェイスが再設計され、新しいオプションが追加されました。

XLSフォームエントリデータ :エントリをXLS形式にエクスポートします。

図11:XLSへのフォームエントリのエクスポート。 CSVとXMLも利用できます。

今後、さらに機能強化が計画されています。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています