サーバー管理:外部サービス

サーバー管理:外部サービス

ご覧のページは、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

ユーザーは、Documents and Mediaライブラリを介して、あらゆるタイプのファイルをアップロードおよび共有できます。これは、ファイルのカスタマイズ可能で権限が有効なオンラインリポジトリです(詳細については、 公開ファイル を参照)。 PDFBox はLiferay DXPに含まれており、特定のファイルタイプ(主にPDF)の自動プレビューを生成します。 2つの追加ツールをインストールして、他のファイルタイプのプレビューを生成できます。

  • OpenOffice: または LibreOffice: さまざまなタイプのドキュメントのプレビューを変換および生成します。

  • ImageMagick: 多くの種類の画像の高品質な画像プレビューを生成します。

  • Xuggler: オーディオおよびビデオファイルのプレビューを変換および生成します。

Liferay 7.1以降、OpenOffice / LibreOfficeはポータルプロパティではなく、OSGi構成管理を介して構成されます。 したがって、これらの設定を調整するには、 コントロールパネル &arr; 構成&arr; システム設定 &arr; その他OpenOffice統合ます。 [Liferay Home] / osgi / configs フォルダーの com.liferay.document.library.document.conversion.internal.configuration.OpenOfficeConfiguration.config ファイルを使用して、これらの設定を調整することもできます。 詳細については、 Breaking Changes ドキュメントを参照してください。

ImageMagickとXugglerをインストールしたら、サーバー管理アプリの[外部サービス]タブを使用して、それらを使用するようにLiferay DXPを構成できます。 ご使用のオペレーティングシステムに合ったこれらのツールの正しいバージョンを選択してください。 古いバージョンはLiferay DXPで正しく動作しない可能性があるため、最新の安定バージョンをインストールすることをお勧めします。 ImageMagickは手動でインストールする必要がありますが、コントロールパネルからXugglerをインストールできます。

ImageMagick設定

ImageMagickを設定して画像とPDFプレビューを生成する前に、それとその依存関係であるGhostscriptをインストールします。 これはオペレーティングシステムによって異なります。Linuxでは、両方が既にインストールされている可能性があります。 Windowsにはインストールされない可能性がありますが、macOSにインストールされる可能性があります。

  1. ImageMagickダウンロードしてインストールし

2 Ghostscriptダウンロードしてインストールし 。

インストールしたら、サーバー管理アプリの[外部サービス]タブまたは portal-ext.properties ファイルでImageMagickを有効にする必要があります。 portal-ext.propertiesを使用する場合は、次の行を追加し、検索パスがImageMagickおよびGhostscript実行可能ファイルを含むディレクトリを指していることを確認します。 macOSまたはUnix環境でGhostscriptが使用するフォントのパスを構成する必要がある場合もあります。

  imagemagick.enabled=true
  imagemagick.global.search.path[apple]=/opt/local/bin:/opt/local/share/ghostscript/fonts:/opt/local/share/fonts/urw-fonts
  imagemagick.global.search.path[unix]=/usr/local/bin:/usr/local/share/ghostscript/fonts:/usr/local/share/fonts/urw-fonts
  imagemagick.global.search.path[windows]=C:\\Program Files\\ImageMagick

代わりに次の手順に従って、サーバー管理アプリの[外部サービス]タブからImageMagickを有効にします。

  1. コントロールパネル構成サーバー管理に移動し、 外部サービス タブをクリックします。

  2. ImageMagickおよびGhostscriptセクションを展開し、 Enabledを選択します。

  3. ImageMagickおよびGhostscript実行可能ファイルへのパスが正しいことを確認します。

図1:ImageMagickとGhostscriptを有効にし、パスが正しいことを確認します。

Xugglerの設定

以下の手順に従って、Xugglerをインストールして構成します。

  1. コントロールパネル構成サーバー管理に移動し、 外部サービス タブをクリックします。

  2. Xugglerセクションで、オペレーティングシステムに一致するXuggler .jar ファイルを選択します。 次に、[ インストール]をクリックします。

  3. アプリケーションサーバーを再起動します。

  4. ポータルでXugglerを有効にします。 これを行うには2つの方法があります。

     - コントロールパネルで、[ *Server Administration* →[ *External Services* ]タブに移動し、[ *Enabled*]を選択して、[ *Save*]をクリックします。
    
    • 次の行を portal-ext.properties ファイルに追加し、アプリケーションサーバーを再起動します。

      xuggler.enabled=true
      

図2:Xugglerをインストールします。

« サーバー管理:リソース仮想インスタンスの設定 »
この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています