開発者向けツールの改善:Liferay Workspace、Mavenプラグインなど

適切なツールがあれば、アプリケーションの作成は快適になります。 主な構成要素は次のとおりです。

  • プロジェクトをスタブアウトするための豊富なテンプレート
  • 最先端のプラグインを提供する拡張可能なビルド環境
  • デプロイおよびランタイム管理ツール
  • アプリケーションアップグレードの自動化

Liferay Workspace(ワークスペース)には、これらのすべてがあります。 これはLiferay Dev Studio DXPと統合するGradleベースの開発環境で、「バニラ」Eclipse、IntelliJおよびNetBeansなどの、他のIDEと組み合わせた使用が可能です。 テスト、コードカバレッジ分析などのためにGradleプラグインを追加して、WorkspaceのGradle環境を拡張できます。

GradleよりもMavenが好ましい場合は、代わりにMavenベースのWorkspaceを使用できます。 Liferay DXP 7.1の効率的なアーティファクトと、新しいプロジェクトアーキタイプおよびMavenプラグインは、MavenによるLiferay DXP開発をこれまで以上に簡単にします。

Workspaceには、Blade CLIが付属しています。これはプロジェクトの作成とデプロイ、ランタイム環境の管理などのためのコマンドラインツールです。 さまざまな種類のプロジェクトテンプレートを提供し、GradleまたはMaven環境で開発するためのモジュールを作成します。

Liferayのツールは、アプリケーションのアップグレードプロセスも効率化します。 LiferayDev Studio DXPのUpgrade Plannerは、従来のプラグインをLiferay DXP 7.1APIに適合させます。 Liferay Theme Generatorは、新しいLiferayのJSテーマツールキットを使用するためにテーマとレイアウトテンプレートを移行させ、それらを@product-ver@に適合させます。

ツール改善のトピックは次のとおりです。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています