アクティベーションキーのデプロイ方法

この記事は、.xmlファイルを使用したアクティベーションキーのデプロイ方法を説明しています。使用しているLiferayプラットフォームのバージョンによって手順が多少変わりますのでご注意ください。この記事に記載の手順で問題が発生した場合は、  よくあるトラブルシューティングを参照ください。

詳細

.xmlファイルを使用したアクティベーションキーのデプロイメント方法(Liferay DXP)

Liferay DXPの本番用サーバーインスタンスのアクティベートはLiferay Connected Servicesを使用して行うことができます。簡易のテスト及び開発目的で使用するローカルワークステーションのLiferay DXPインスタンスの場合は、開発者用アクティベーションキーをデプロイできます。手順は次の通りです: 

  1. Up to Liferay DXP 7.0 Fix Pack 53までは、LCSクライアントのアンインストールが必須です
    1. Liferay Connected Services Client.lpkgを以下の場所から削除:
      1. $ {liferay.home}/osgi/marketplace フォルダにあるTomcat バンドル
      2. 他のアプリケーションサーバを使用している場合は、OSGi Dependencies/marketplaceフォルダ
  2. Liferay DXP 7.2、7.1 7.0、および Fix Pack 54またはそれ以降を使用している場合は、この手順は任意です。
  3. ${liferay.home}/data/licenseフォルダ内のコンテンツを削除(フォルダ自体を消さないでください)
  4. ${liferay.home}/osgi/modulesフォルダからactivation-key-[...].xmlファイルを全て削除
  5. アプリケーションサーバーを開始
  6. Liferay DXP デプロイディレクトリに、開発用.xmlファイルを配置(${auto.deploy.deploy.dir}はデフォルトで${liferay.home}/deployになっています)
  7. アクティベーションキーが自動でデプロイされるまで待つ
  8. Liferay DXP開発用インスタンスの使用を開始

 

.xmlファイルを使用したアクティベーションキーのデプロイ方法(Liferay Portal 6.1 及び6.2用)

Liferay Portal バージョン6.1 及び6.2は下記の手順でデプロイします。

  1. ${liferay.home}/data/licenseフォルダ内を削除
  2. アプリケーションサーバーを開始
  3. Liferay デプロイディレクトリに添付の.xml ファイルを配置(${auto.deploy.deploy.dir}はデフォルトで${liferay.home}/deployなっています)
  4. アクティベーションキーが自動でデプロイされるまで待つ
  5. ポータルの使用を開始

.xmlファイルのデプロイ前に、data/license 内に以前の.liファイルが無いことを必ず確認してください。

注: Amazon Web Service (AWS)を使ってLiferayのアクティベーションキーをデプロイする場合は以下の点に注意してください: 

  • 静的ホスト名またはIP アドレスが必要です。
  • AWSおよびオートスケールを使用している場合は、ホスト名が事前に決定されるようにAWSに設定を追加します。

 

Liferay 5.2 EE SP5 から 6.0.x EEでアクティベーションキーをデプロイする方法

Liferay5.2 EE SP5から6.0.xバージョンでは.xmlファイルのデプロイ先が多少異なります。  

  1. ${liferay.home}/data/ee フォルダー内を削除
  2. 添付の.xmlファイルをLiferayデプロイディレクトリに配置(${auto.deploy.deploy.dir}はデフォルトで ${liferay.home}/deployになっています)
  3. アプリケーションサーバーを開始
  4. アクティベーションキーがデプロイされるまで待つ
  5. ポータルの使用を開始

 

Liferay 5.2 SP4またはそれ以下でアクティベーションキーをデプロイする方法

Liferayバージョン5.4 SP4 及び以下のアクティベーションキーはサーバーIDまたはサーバー MACアドレスに基づき、ライセンスキーを使用します。

  1. ${liferay.home}/data/ee ディレクトリから.liファイルを全て削除
  2. 新規インスタンスの場合は、「license management(ライセンス管理)」ページに自動的に接続されます。既に使用しているポータルインスタンスの場合はブラウザーのアドレスバーに次を入力:portal_url]/c/portal/ee/update_license
  3. 「ライセンスキー」セクションにアクティベーションキーをペースト
  4. 保存をクリック
  5. ポータルを使用開始

追加情報

アクティベーションのリクエスト方法

ライトまたはスタンダード サブスクリプションのお客様はアクティベーションキーをHelp Centerチケットでリクエストできます。限定サブスクリプションを使用のお客様はHelp CenterのActivationKey Request Form でリクエストできます。お問い合わせはprovisioning@liferay.comまでお願い致します。

この記事は役に立ちましたか?
9人中9人がこの記事が役に立ったと言っています