アクティベーションキーを展開する

この記事は、 .xml ファイルを使用して、Activation Key を展開する方法の基本的な手順について文書化したものです。 手順は、お使いのLiferayプラットフォームのバージョンによって若干異なります。 なお、途中で問題が発生した場合は、 トラブルシューティング よくある問題に特化した記事を別途作成しています。

解像度

Liferay DXPで.xmlファイルを使用したアクティベーションキーのデプロイメント

.xml キーファイルを使用して DXP インスタンスをアクティブ化するには、以下の手順でアクティベーションキーを展開します:

Liferay DXP 7.1〜Liferay DXPの四半期ごとのリリース(7.4)

  1. フォルダ自体を削除せずに、 ${liferay.home}/data/licenseフォルダの中身を削除します。
  2. ${liferay.home}/osgi/modules フォルダから、activation-key-[...].xml ファイルをすべて削除してください。
  3. アプリケーションサーバーを起動します(クラスタリングの場合は1ノードずつ)。
  4. アクティベーションキーの .xml ファイルを Liferay DXP のデプロイディレクトリ(${auto.deploy.deploy.dir} 、デフォルトは ${liferay.home}/deploy)に配置します。
  5. アクティベーション・キー・ファイルが自動展開されるのを待ちます。
  6. Liferay DXPの使用に進みます。

Liferay DXP 7.0

  1. Liferay DXP 7.0およびFix Pack 53以下のパッチレベルでは、LCSクライアントのアンインストールが必須です。
    1. 位置するLiferay Connected Services Client.lpkgを削除します:
      1. Tomcat バンドル内の $ {liferay.home}/osgi/marketplace フォルダにあります。
      2. 他のアプリケーションサーバーを使用する場合、 OSGi Dependencies/marketplace フォルダーにあります。
  2. フォルダ自体を削除せずに、 ${liferay.home}/data/license フォルダの中身を削除する。
  3. activation-key-[...].xml ファイルを ${liferay.home}/osgi/modules フォルダからすべて削除します。
  4. アプリケーションサーブr を開始します。クラスタリングの場合は、1 ノードずつ行います。
  5. アクティベーションキー .xml ファイルを Liferay DXP のデプロイディレクトリ(${auto.deploy.deploy.dir} デフォルトは ${liferay.home}/deploy)に配置します。
  6. アクティベーション・キー・ファイルが自動展開されるのを待ちます。
  7. Liferay DXPの使用に進みます。

Liferay Portal 6.1および6.2における.xmlファイルを使用したアクティベーションキーのデプロイメントについて

Liferay Portal バージョン 6.1 および 6.2 の場合、以下の手順でデプロイすることができます。

  1. ${liferay.home}/data/license フォルダを消去します。
  2. アプリケーションサーブr を開始します。クラスタリングの場合は、1 ノードずつ行います。
  3. アクティベーションキー .xml ファイルを Liferay Portal のデプロイディレクトリ(${auto.deploy.deploy.dir} デフォルトは ${liferay.home}/deploy)に配置します。
  4. アクティベーション・キー・ファイルが自動展開されるのを待ちます。
  5. ポータルの利用に進む。

注1) 最良の結果を得るために、 data/license フォルダーに .xml ファイルを配置する前に、既存の .li ファイルが存在しないことを確認してください。

注2) LiferayでActivation KeysをAmazon Web Service(AWS)で展開する場合、以下のことを知っておいてください:

  • 静的なホスト名またはIPアドレスが必要です。
  • AWSを利用し、オートスケーリングを行っている場合は、AWSの設定でホスト名を事前に決定するように設定してください。

Portal 5.2 EE SP5 - 6.0におけるアクティベーション・キーの展開。 排他的論理和

Liferay Portal バージョン 5.2 EE SP5 から 6.0 EE は、 .xml ファイルをどのフォルダにデプロイするかで若干の違いがあります。

  1. ${liferay.home}/data/ee フォルダを消去します。
  2. アクティベーションキー .xml ファイルを Liferay Portal のデプロイディレクトリ(${auto.deploy.deploy.dir} デフォルトは ${liferay.home}/deploy)に配置します。
  3. アプリケーションサーバーを起動します。
  4. アクティベーション・キー・ファイルが自動展開されるのを待ちます。
  5. 製品の使用に進みます。

Liferay Portal 5.2 SP4以下でのアクティベーションキーの展開について

Liferay Portal バージョン5.4 SP4以下のアクティベーションキーは、サーバーIDまたはサーバーMACアドレスに基づいて、ライセンスキーを使用します。

  1. ${liferay.home}/data/ee ディレクトリから、残りの .li ファイルをすべて削除します。
    1. 新しい Liferay Portal インスタンスであれば、自動的に License Management ページが表示されます。
    2. 既存のポータルインスタンスでアクティベーションキーを変更する場合は、ブラウザのアドレスバーに [portal_url]/c/portal/ee/update_license と入力して、ライセンス管理ページを表示します。
  2. ライセンスキー の部分にキーを貼り付けます。
  3. [Save] をクリックします。
  4. 製品の使用に進みます。

追加情報

アクティベーションキーを請求する

GoldまたはPlatinumのお客様は、 サポートチケットを開いて、アクティベーションキーをリクエストすることができます。 Limited のお客様は、カスタマーポータルの Activation Key Request Form にご記入の上、Activation Key Request を提出することができます。 ご不明な点がございましたら、 provisioning@liferay.comまでお気軽にご連絡ください。

この記事は役に立ちましたか?
12人中11人がこの記事が役に立ったと言っています