開発のセットアップ概要

開発のセットアップ概要

ファストトラック記事は、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

Liferayの開発ツールは、迅速に開発作業を始めるうえで役立ちます。 Liferay Dev Studio DXPをインストールするための基本的な手順は次のとおりです。

  • Liferay Dev Studio DXPバンドルをダウンロードします。

  • ダウンロードしたパッケージをシステム上のロケーションに解凍します。

  • Dev Studio DXPを開始します。

これらの手順に従って、最初のLiferay DXPアプリケーションを開発するための環境を生成します。

Liferay Dev Studio DXPバンドルのインストール

次の手順を実行します:

  1. Java開発キット(JDK)をダウンロードしてインストールします。 Liferay DXPはJavaで実行されます。 Liferay @<ide@>でLiferay DXPアプリケーションを開発するため、JDKが必要です。 JDKは、新しいJava技術を開発するために使用されるJava環境の拡張バージョンです。 JDK 8またはJDK 11を使用します。

  2. Liferay Dev Studio DXPをダウンロードしてインストールしてください。システム上の便利なロケーションに解凍して簡単にインストールできます。

  3. Liferay Dev Studio DXPを実行するには、LiferayDeveloperStudio実行ファイルを実行します。

Liferay Dev Studio DXPを初めて起動すると、Eclipseワークスペースを選択するよう求められます。 空のフォルダを指定すると、Liferay Dev Studio DXPはそのフォルダに新しいワークスペースを作成します。 新規にワークスペースを作成する場合は、次の手順で行います:

  1. プロンプトが表示されたら、ワークスペースのパスを指定します。 新しいワークスペースにguestbook-workspaceと名前を付け、OKをクリックします。

  2. Liferay Dev Studio DXPが最初に起動すると、ウェルカムページが表示されます。 Workbenchアイコンをクリックして続行します。

開発環境がインストールされ、ワークスペースの設定ができました。

Liferay Workspaceの作成

次に、別の種類のワークスペースLiferay Workspaceを作成します。 Liferay Workspaceは、Liferay DXPプロジェクトを保持および管理することにより、Liferay DXPアプリケーションを開発するための単純化された簡単な方法を提供します。 バックグラウンドでLiferay WorkspaceはBlade CLIおよびGradleを使用して依存関係を管理し、ビルド環境を整理します。 設定の問題を避けるため、各Eclipse Workspaceには1つのLiferay Workspaceしか作成できないことに注意してください。

Liferay Dev Studio DXPでLiferay Workspaceを作成するには、次の手順に従います。

  1. FileNewLiferay Workspace Projectと選択します。 注: FileNewOther、それからLiferayカテゴリでLiferay Workspace Projectを選択する必要がある場合があります。

    図1:* Liferay Workspace*を選択すると、Liferay DXPプロジェクト用の新しいワークスペースを作成するプロセスが開始されます。

    New Liferay Workspaceダイアログが表示され、いくつかの設定オプションが表示されます。

  2. ワークスペースにcom-liferay-docs-guestbookという名前を付けます。

  3. 次に、ワークスペースのロケーションを選択します。 デフォルトの設定値はそのままにしておきます。 これにより、Ecipse Workspace内にLiferay Workspaceが配置されます。

  4. Liferay Versionについては、7.1を選択してください。

  5. ワークスペース内のLiferay DXPインスタンスを自動的にダウンロードして解凍するには、Download Liferay bundleチェックボックスをオンにします。 プロンプトが表示されたら、サーバーにliferay-tomcat-bundleと名前を付けます。

  6. Liferay Workspaceを作成するには、Finishをクリックします。 Liferay Dev Studio DXPはバックグラウンドでLiferay DXPバンドルをダウンロードするため、これには時間がかかる場合があります。

    図2:Liferay Dev Studio DXPは、Liferay Workspaceを作成するためのわかりやすいメニューを提供します。

ダイアログボックスが表示され、Liferay Workspaceのパースペクティブを開くように求められます。 Yesをクリックすると、パースペクティブがLiferay Workspaceに切り替わります。

これで開発環境の準備が整いました。! 次に、最初のLiferay DXPアプリケーションの開発を開始します。

« Webアプリケーションの開発ワーキングプロトタイプの作成 »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています