初めてのLiferay DXPアプリケーションの作成

初めてのLiferay DXPアプリケーションの作成

ファストトラック記事は、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

初めてのポートレット開発

手順1/8

それでは、プロジェクトを作成し、アプリケーションを@<product@>にデプロイする方法を段階的に学んでいきます。 まずはアプリケーションをLiferay DXPに付属するアプリケーションと一緒にデプロイします。

最初のアプリケーションはシンプルです。次のようなゲストブックアプリケーションを作成します。

図1:このシンプルなアプリケーションを作成します。

デフォルトでは、ユーザーがウェブサイトに残すゲストブックメッセージが表示されます。 メッセージを追加するには、Add Entryボタンをクリックして、メッセージを入力および保存するためのフォームを表示します。

これで最初のLiferay DXPアプリケーションを作成する準備ができました。

最初のLiferay DXPアプリケーションを作成する

最初のステップは、Liferay Module Projectを作成することです。 モジュールは、Liferay DXPアプリケーションのコアビルディングブロックです。 各アプリケーションは、1つ、またはそれ以上のモジュールから作られます。 各モジュールは、アプリケーションの機能部分をカプセル化します。 複数のモジュールが完全なアプリケーションを形成します。

これらのモジュールはOSGiモジュールです。 Liferay DXPのOSGiコンテナーは、任意のOSGiモジュールを実行できます。 各モジュールは、マニフェストファイルを含むJARファイルとしてパッケージ化されます。 マニフェストは、OSGiコンテナがモジュールを認識するために必要です。 技術的には、マニフェストのみを含むモジュールも有効です。 もちろん、そのようなモジュールは面白みに欠けるでしょう。

次に、最初のモジュールを作成します。 このラーニングパスでは、Liferay Workspace内にモジュールを作成することを目的とします。 最初のLiferayモジュールプロジェクトを作成するには、以下の手順に従います。

  1. Liferay Dev Studio DXPのプロジェクトエクスプローラーで、Liferay Workspaceを右クリックし、NewLiferay Module Projectと選択します。

  2. 次の情報を含むウィザードの最初の画面を完了します。

    • プロジェクト名にguestbook-webと入力します。
    • Gradleビルドタイプを使用します。
    • プロジェクトテンプレート用にmvc-portletを選択します。

    Nextをクリックします。

  3. ウィザードの2番目の画面で、コンポーネントクラス名にGuestbook、パッケージ名に com.liferay.docs.guestbook.portletを入力します。 Finishをクリックします。

Gradleはプロジェクトの作成中にプロジェクトの依存関係をダウンロードするため、Dev Studio DXPがプロジェクトを作成するのに時間がかかる場合があります。 これが完了すると、guestbook-webというモジュールプロジェクトが作成されます。 mvc-portletテンプレートは、適切な依存関係を使用してプロジェクトを設定し、開始に必要なすべてのファイルを生成しました。

  • ポートレットのクラス名(指定したパッケージ内)
  • JSPファイル(/src/main/resources内)
  • 言語プロパティ(同様に/src/main/resources内)

図2:Liferay Workspaceのmodulesフォルダに新しいモジュールプロジェクトが表示されます。

新しいモジュールプロジェクトはポートレットアプリケーションです。 次に、ポートレットが何であるかについてを学習します。

ポートレットとは

Webアプリケーションはシンプルにすることができます。記事などの1つの情報が表示される場合があります。 複雑なアプリケーションは、多くのデータをアプリケーションに入力する際に、データが借りているのか払い戻しが必要なのかを計算し、関連税金を追跡することがあります。 これらのアプリケーションはplatformで実行され、アプリケーション開発者がアプリケーションの作成に必要な構成要素を提供します。

図3: 多くのLiferayアプリケーションは、同一ページ内で同時に実行できます。

Liferay DXPは、ユーザー管理、セキュリティ、ユーザーインターフェイス、サービスなど、今日のアプリケーションに必要な共通機能を含むプラットフォームを提供します。 ポートレットは、基本的な構成要素の1つです。 また、多くの場合、Webアプリケーションはページ全体を占めることもあります。 必要に応じて、Liferay DXPのアプリケーションでもこれを行うことができます。 ただし、ポートレットを使用すると、同じページで多くのアプリケーションを同時に提供できます。 Liferay DXPのフレームワークでは、すべてのステップでこれが考慮されます。 たとえば、同じページで複数のアプリケーションを提供する、Liferayの機能をサポートするプラットフォーム生成URLなどの機能があります。

コンポーネントとは

Liferayモジュールプロジェクトで作成されたポートレットは、Componentsとして生成されます。 モジュール( バンドルとも呼ばれる)がアプリケーションの一部をカプセル化する場合、コンポーネントはコア機能を含むオブジェクトです。 コンポーネントは、コンポーネントフレームワークまたはコンテナによって管理されます。 コンポーネントはモジュール内にデプロイされ、コンテナの必要に応じて作成、開始、停止、そして破棄されます。 これはWebアプリケーションにとって最適なモデルです。! 必要な場合にのみ使用可能にすることができ、使用しない場合、コンテナは他のコンポーネントが必要とするリソースを使用しないようにすることができます。

この場合、宣言型本サービス(DS)コンポーネントを作成します。 宣言型本サービスでは、オブジェクトがコンポーネントであることを宣言し、コンテナがその管理方法を把握できるようにコンポーネントに関するデータを定義します。 デフォルト設定が作成されました。これについては後で詳しく見ていきます。

アプリケーションのデプロイ

行ったのは生成することだけでしたが、guestbook-webプロジェクトは、構築してデプロイする準備ができました。

  1. サーバーが実行されていることを確認し、実行されていない場合はDev Studio DXPのServersペインで選択し、開始ボタン(Start Server)をクリックします。

  2. 起動したら、guestbook-webプロジェクトをプロジェクトエクスプローラーからサーバーにドラッグアンドドロップします。

    図4:モジュールをドラッグアンドドロップします。

  3. ブラウザーを開き、Liferay DXP(デフォルトではhttp://localhost:8080)へ移ります。

    Liferay DXPを初めて起動する場合は、短いウィザードを使用してサーバーをセットアップします。 ウィザードでは、デフォルトのデータベース(Hypersonic)を使用してください。 このデータベースは本番での使用を意図したものではありませんが、開発およびテストには適しています。

  4. ページにアプリケーションを追加するには、右上隅にあるAdd (Add Widget) をクリックします。

  5. Widgetsを選択します。 アプリケーションリストで、作成したアプリケーションがサンプルカテゴリに表示されます。 その名前はGuestbookです。

図5:これはデフォルトのLiferayホームページです。 Hello Worldウィジェットと、作成したゲストブックアプリケーションの初期バージョンが含まれています。

これで、ゲストブックポートレットの開発に着手する準備が整いました。

« ワーキングプロトタイプの作成追加エントリボタンの作成 »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています