本サービスビルダーとは

本サービスビルダーとは

ご覧のページは、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

バックエンドの生成

手順1/3

次に、本サービスビルダーを使用して、アプリケーションの作成、読み取り、アップデート、削除、および検索の運用を生成します。 また、本サービスビルダーを使用して、アプリケーションに必要なモデル、永続性、および本サービスレイヤーを生成します。 その後、アプリケーションに必要なビジネスロジックを追加できます。

ゲストブックアプリケーションの設計

プロトタイプアプリケーションでは、単一のゲストブックのエントリを定義し、リストに表示しました。 完全なアプリケーションは、複数のゲストブックとそのエントリを処理します。 これを機能させるには、データベースに2つのテーブルを作成します。1つはゲストブック用、もう1つはゲストブックエントリ用です。

図1:完了したら、ゲストブックは複数のゲストブックをサポートし、多くのLiferay機能を利用します。

本サービスレイヤー

このアプリケーションはデータ駆動型です。 これは、データの保存と回収に本サービスを使用します。 アプリケーションはデータを要求し、本サービスが永続レイヤーからデータを取得します。 その後、アプリケーションはこのデータをユーザーへ表示し、ユーザーはそれを閲覧または変更できます。 データが変更された場合、アプリケーションはそのデータを本サービスに返し、永続レイヤーを呼び出して保存します。 アプリケーションは、本サービスがどのように動作するかについて何も知る必要はありません。

開始するには本サービスビルダープロジェクトを作成し、そのservice.xmlファイルに、このコードを生成するために必要なすべてのエンティティを追加します。

  1. Liferay Dev Studio DXPで、FileNewLiferay Module Projectをクリックします。

  2. プロジェクトにguestbookと名前を付けます。

  3. プロジェクトテンプレート名に、service-builderを選択します。

  4. Nextをクリックします。

  5. Package Name用に、com.liferay.docs.guestbookを入力します。

  6. Finishをクリックします。

これにより、APIモジュール(guestbook-api)と本サービスモジュール(guestbook-service)の2つのモジュールが作成されます。 次に、それらの使用方法を学習します。

図2:現在のプロジェクトの構造

« バックエンドの生成モデル、サービス、永続レイヤーの生成 »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています