ビューレイヤーの構成

ビューレイヤーの構成

ファストトラック記事は、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

このセクションでは、インポートを1つのJSPファイルに整理することから、処理をポートレットクラスのメソッドに指示するURLを作成することまで、ビューレイヤーを機能させる方法について簡単に説明します。

Liferayのベストプラクティスでは、すべてのJavaインポート、タグライブラリ宣言、および変数の初期化を init.jspというJSPに入れます。 Blade CLI または Liferay Dev Studio DXP を使用して mvc-portlet プロジェクトテンプレートに基づいてモジュールを作成すると、これらのtaglib宣言と初期化が init.jsp自動的に追加されます。

<%@ taglib uri="http://java.sun.com/jsp/jstl/core" prefix="c" %>

<%@ taglib uri="http://java.sun.com/portlet_2_0" prefix="portlet" %>

<%@ taglib uri="http://liferay.com/tld/aui" prefix="aui" %>
<%@ taglib uri="http://liferay.com/tld/portlet" prefix="liferay-portlet" %>
<%@ taglib uri="http://liferay.com/tld/theme" prefix="liferay-theme" %>
<%@ taglib uri="http://liferay.com/tld/ui" prefix="liferay-ui" %>

<liferay-theme:defineObjects />

<portlet:defineObjects />

他のJSPに init.jsp を含めるようにしてください。

<%@include file="/html/init.jsp"%>

JSPはアクションURLを使用してコントローラーメソッドを呼び出すことができます。 別のページへのリンクを作成するには、 mvcPath パラメーターでレンダリングURLを使用します。 <portlet:renderURL> タグ はURLを構築し、変数に割り当てます。

<portlet:renderURL var="searchURL">
        <portlet:param name="mvcPath" value="/admin/view.jsp" />
</portlet:renderURL>

レンダリングURLは、 var 属性で指定された searchURL 変数に割り当てられます。 上記の <portlet:param> タグ JSPパス /admin/view.jsp をレンダリングパラメーター mvcPath割り当てます。 コントローラーの render メソッドは、 mvcPath パラメーターからJSPパスを取得して、次のJSPをレンダリングします。

docs.liferaymvc.web/src/main/resources/META-INF/resources/admin/view.jsp

レンダリングURLを呼び出すには、その変数( <portlet:renderURL>var 属性に設定された変数)を、ボタンやナビゲーションバー項目などのUIコンポーネントのアクションに割り当てます。

アクションメソッドは、単に別のページにリンクするのではなく、アクション(つまりコード)を呼び出すため、異なります。 JSPで、 <portlet:actionURL> タグ を使用してアクションURLを作成し、そのURLをUIコンポーネントのアクションとして割り当てます。 doSomethingという名前のコントローラーメソッドを呼び出すアクションURLを次に示します。

<portlet:actionURL name="doSomething" var="doSomethingURL">
    <portlet:param name="redirect" value="<%= redirect %>" />
</portlet:actionURL>

リダイレクト という名前のポートレットパラメータは、ポートレットアクションの呼び出し後にリダイレクトするポートレットのJSPパスに割り当てられます。 このアクションURLは、 doSomethingURLという名前の変数に割り当てられます。 レンダリングURLと同様に、アクションURLの変数( var設定された変数)によって、UIコンポーネントアクションにアクションURLを割り当てることができます。

これらの簡単な例は、Liferay MVCフレームワークが小規模なアプリケーションのビューレイヤーとコントローラー間の通信を容易にする方法を示しています。

« コントローラーコードの記述ポートレットの基本を超えて »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています