Spring MVCポートレットの展開

Spring MVCポートレットの展開

ご覧のページは、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

Liferay DXPのポートレットを作成する開発者は、通常、ポートレットをJava EEスタイルのWebアプリケーションARchive(WAR)アーティファクトまたはJava ARchive(JAR)OSGiバンドルアーティファクトとしてデプロイできます。 Spring MVCポートレット開発者にはそのような柔軟性はありません。 Spring MVCフレームワークはJava EE用に設計されているため、Spring MVCポートレットはWARアーティファクトとしてパッケージ化する必要があります。 したがって、WARレイアウトを想定しており、 WEB-INF / web.xml 記述子などのJava EEリソースが必要です。

LiferayはOSGi WAB(Web Application Bundler)標準の展開をサポートしているため、WARを展開でき、OSGiランタイムで期待どおりに実行されます。 これがLiferayで機能する理由のハイポイントです。

  • Liferay自動デプロイプロセスが実行され、 PortletServlet および PlugincontextListener 構成が WEB-INF / web.xml ファイルに追加されます。

  • Liferay WAB Generator は、OSGi対応 META-INF / MANIFEST.MF ファイルを自動的に作成します。 マニフェストファイルのコンテンツに影響を与える場合は、bndディレクティブとOSGiヘッダーをWABの WEB-INF / liferay-plugin-package.properties ファイルに直接配置できます。

クラスパッケージ インポートし、 liferay-plugin-package.properties ファイルの Import-Package ヘッダーにパッケージを追加して、ポートレットの記述子ファイルが参照します。

次に、 Import-Package ヘッダーの例を示し` 。

Import-Package:\
    org.springframework.beans.factory.xml,\
    org.springframework.context.config,\
    org.springframework.security.config,\
    org.springframework.web.servlet.config
`

自動展開プロセスとLiferayのWABジェネレーターは、プロジェクトをLiferay対応のWABに変換します。 WABジェネレーターは、クラスの import ステートメントを検出し、すべての外部パッケージをWABの Import-Package ヘッダーに追加します。 ジェネレーターは、プラグインの liferay-plugin-package.properties のパッケージもヘッダーにマージします。

java。* パッケージ以外のJavaの rt.jar のパッケージに依存している場合、 ポータルプロパティ org.osgi.framework.bootdelegation をオーバーライドし、プロパティのリストに追加します。 行く ここで 詳細については。

Spring MVCポートレットをWARとしてパッケージ化したら、それを [LIFERAY_HOME]/ deployコピーしてデプロイできます。

Spring MVCポートレットのデプロイおめでとうございます!

« Spring MVCポートレットの構成Liferay Facesを使用したJSFポートレット »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています