Dev Studioを使用したJSFプロジェクトの生成

Dev Studioを使用したJSFプロジェクトの生成

ご覧のページは、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

Liferay Dev Studioを使用して、独自のフォルダー構造と記述子ファイルを手動で作成することなく、Liferay Facesアプリケーションを生成できます。 あなたは手動で、またはあなたが基本的なJSFアプリケーションの構造を調べたい場合は、JSFアプリケーションの構造を作成するに興味があれば、訪問 JSFプロジェクトの手動での作成 チュートリアルを。

このチュートリアルでは、Liferay Dev Studioを使用してサンプルのJSFプロジェクトを生成します。 Dev Studioインスタンスを開いて開始します。

  1. ファイル新規 → *プロジェクト…*ます。 これにより、新しいプロジェクトウィザードが開きます。

  2. Liferay プロジェクトを選択し、リストされたサブプロジェクトから Liferay JSF Project を選択します。 次に、 Nextクリックします。

    図1:* Liferay JSF Project *オプションを選択して、Dev StudioでJSFプロジェクトの作成を開始します。

  3. JSFプロジェクトに名前、ビルドフレームワーク(GradleまたはMaven)、およびコンポーネントスイートを割り当てます。 次から選択できる5つのコンポーネントスイートがあります。

    • ICEFaces
    • JSF標準
    • Liferay Faces Alloy
    • プライムフェイス
    • リッチフェイス

    図2:JSFプロジェクトに適したオプションを選択します。

  4. Liferay JSFプロジェクトを生成するには、 完了 をクリックします。

Dev Studio \を使用してLiferay JSFプロジェクトを生成しました! 生成したプロジェクトには、カスタマイズ可能なシンプルなポートレットが含まれています。

図3:生成されたJSFポートレットプロジェクトには、基本的なビルド情報が表示されます。

新しいJSFプロジェクトをLiferay DXPインスタンスに

デプロイするには、Liferayサーバーにドラッグアンドドロップします。

ファンタスティック\! Liferay Dev Studio \を使用して、Liferay JSFプロジェクトを迅速に生成できるようになりました!

« コマンドラインからJSFプロジェクトを生成するJSFプロジェクトの手動作成 »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています