JSFアプリケーションのパッケージ化

JSFアプリケーションのパッケージ化

ご覧のページは、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

Liferay DXP 7.1のポートレットを作成する開発者は、ポートレットをJava EEスタイルのWebアプリケーションARchive(WAR)アーティファクトまたはJava ARchive(JAR)OSGiバンドルアーティファクトとしてパッケージ化できます。 ただし、JSFフレームワークはWARレイアウトを想定し、多くの場合 WEB-INF / faces-config.xml 記述子と WEB-INF /などの他のJava EEリソースを必要とするため、JSFポートレット開発者はポートレットをWARアーティファクトとしてパッケージ化する必要があります。 web.xml 記述子。

Liferayは、LiferayのOSGiランタイムによって、これらのWARスタイルのポートレットをOSGiモジュールのようにデプロイおよび処理する方法を提供します。 WAB Generatorは、展開時にWARアーティファクトをWABに変換することにより、これを自動的に行います。 WAB Generator 使用チュートリアルで、WABとWAB Generatorの詳細を確認できます。

JSF WARアーティファクトの構造は次のとおりです。

  • jsf-portlet
    • src
      • main
        • java
          • Javaクラス
        • resources
          • プロパティファイル
        • webapp
          • WEB-INF/
            • classes/
              • クラスファイルと関連プロパティ
            • lib/
              • JAR依存関係
            • resources/
              • CSS、XHTML、PNGまたはその他のフロントエンドファイル
            • views/
              • XHTMLビュー
            • faces-config.xml
            • liferay-display.xml
            • liferay-plugin-package.properties
            • liferay-portlet.xml
            • portlet.xml
            • web.xml

次に、Liferay DXPにデプロイ可能な単純なJSFアプリケーションの作成を開始します。

« JSFプロジェクトの手動作成JSFアプリケーションの構造と依存関係の定義 »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています