Service Builderを使用したオブジェクトリレーショナルマップの定義

Service Builderを使用したオブジェクトリレーショナルマップの定義

ファストトラック記事は、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

このチュートリアルでは、アプリケーションがデータを保持できるようにオブジェクトリレーショナルマップを定義する方法を学習します。 例として、Service Builderを使用する既存のLiferay Bookmarksアプリケーションを調べます。

ブックマークアプリケーションは、Liferayのアセットをブックマークします。 アプリケーションは、組織のブックマークとそのフォルダーを表す2つのエンティティ、またはモデルタイプを定義します。 これらのエンティティは、 ブックマークエントリ および ブックマークフォルダと呼ばれます。 ブックマークにはフォルダーが必要であるため(ルートフォルダーであっても)、エントリエンティティはその属性の1つとしてフォルダーエンティティを参照します。

ブックマークアプリケーションのソースコードが存在 ブックマーク-APIブックマークサービス、及び ブックマークウェブ のモジュール。 bookmarks-web モジュールの com.liferay.bookmarks.web.portlet パッケージの BookmarksAdminPortlet.java および BookmarksPortlet.java ファイルに注目してください。 これらのポートレットクラスは、Liferayの MVCPortlet クラス拡張します。 MVCパターンのコントローラーとして機能します。 これらのクラスには、このセクションで作成する方法を学習するService Builderが生成したブックマークサービスを呼び出すビジネスロジックが含まれています。 アプリケーションのビューレイヤーは、 bookmarks-web / src / main / resources / META-INF / resources フォルダーのJSPに実装されています。

このチュートリアルでは、アプリケーションに次のタイプのモジュールがあることを前提としています。

  • * -api:サービスインターフェイス
  • * -service:サービスの実装
  • * -web:ポートレットとコントローラー

これらのモジュールの親フォルダーは、 アプリケーションフォルダーです。 Service Builderプロジェクトテンプレート は、 * -api および * -service モジュールの作成に使用できます。 MVCPortletテンプレート などのクライアントUIプロジェクトテンプレートは、 * -web モジュールの作成に使用できます。 Dev Studio DXPまたはBladeを使用して、両方のテンプレートからプロジェクトを作成できます。

Service Builderを使用する最初の手順は、モデルクラスとその属性を service.xml ファイルで定義することです。 通常、このファイルは * -service モジュールのルートフォルダーにありますが、ビルドツールを構成して他のフォルダーで認識できるようにすることもできます。 Service Builderの用語では、モデルクラス エンティティ呼び出します。 たとえば、ブックマークアプリケーションには2つのエンティティがあります: BookmarksEntry および BookmarksFolder。 それぞれの要件は、 bookmarks-service モジュールの service.xml<column /> 要素にリストされています。

Service Builderが service.xml ファイルを読み取ると、エンティティを定義できます。 Liferay @IDE@ は、簡単にアプリケーションの中で実体を定義することを可能にする service.xml ファイルです。 次の手順を実行します:

  1. service.xml ファイルを作成します。

  2. サービスのグローバル情報を定義します。

  3. サービスエンティティを定義します。

  4. 各サービスエンティティの列(属性)を定義します。

  5. エンティティ間の関係を定義します。

  6. データベースから取得するエンティティインスタンスのデフォルトの順序を定義します。

  7. 指定されたパラメーターに基づいてデータベースからオブジェクトを取得するファインダーメソッドを定義します。

各ステップについて詳しく説明します。 service.xml ファイルの作成から始めます。

« サービスビルダーの永続性service.xmlファイルの作成 »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています